ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

2006.01.17 自動車ニュース

ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

ジャガー&ランドローバージャパンは、高級大型セダン「XJ」およびミディアムクラスの「Sタイプ」に、廉価版となる「3.0 Executive」を追加設定、2006年1月14日に発売した。

従来の「XJ6 3.0」に替わる3リッターV6モデル「XJ 3.0 Executive」。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)、電動チルト・テレスコピックステアリングコラム(チルトアウェイ機能省く)、前席12ウェイ電動シート(他グレードは16ウェイ)、前席シートヒーター(他グレードは後席含む)と、装備を若干グレードダウンしつつ価格も下げた。
価格は、769.0万円。ひとつ上のグレード「XJ8 3.5」(3.6リッター)の126.0万円安となる。


「Sタイプ3.0 Executive」

いっぽう「Sタイプ3.0 Executive」は、これまでの「2.5 V6」(2.5リッター)の位置を受け継ぐグレード。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)を採用、ヘッドランプウォッシャー(オプション化)や雨滴感知式オートワイパー、電動リアサンブラインドを省くなどし、プライスダウンを図った3リッターモデルである。
595.0万円、3リッター上級「3.0 V6 SE」より95.0万円安いプライスタグを付ける。2.5 V6比で15.0万円高と、買い得感ある価格設定とした。

(webCG 有吉)


ジャガー:
http://www.jaguar.co.jp/jp/ja/home.htm

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る