ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

2006.01.17 自動車ニュース

ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

ジャガー&ランドローバージャパンは、高級大型セダン「XJ」およびミディアムクラスの「Sタイプ」に、廉価版となる「3.0 Executive」を追加設定、2006年1月14日に発売した。

従来の「XJ6 3.0」に替わる3リッターV6モデル「XJ 3.0 Executive」。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)、電動チルト・テレスコピックステアリングコラム(チルトアウェイ機能省く)、前席12ウェイ電動シート(他グレードは16ウェイ)、前席シートヒーター(他グレードは後席含む)と、装備を若干グレードダウンしつつ価格も下げた。
価格は、769.0万円。ひとつ上のグレード「XJ8 3.5」(3.6リッター)の126.0万円安となる。


「Sタイプ3.0 Executive」

いっぽう「Sタイプ3.0 Executive」は、これまでの「2.5 V6」(2.5リッター)の位置を受け継ぐグレード。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)を採用、ヘッドランプウォッシャー(オプション化)や雨滴感知式オートワイパー、電動リアサンブラインドを省くなどし、プライスダウンを図った3リッターモデルである。
595.0万円、3リッター上級「3.0 V6 SE」より95.0万円安いプライスタグを付ける。2.5 V6比で15.0万円高と、買い得感ある価格設定とした。

(webCG 有吉)


ジャガー:
http://www.jaguar.co.jp/jp/ja/home.htm

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 特集 ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る