ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

2006.01.17 自動車ニュース

ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

ジャガー&ランドローバージャパンは、高級大型セダン「XJ」およびミディアムクラスの「Sタイプ」に、廉価版となる「3.0 Executive」を追加設定、2006年1月14日に発売した。

従来の「XJ6 3.0」に替わる3リッターV6モデル「XJ 3.0 Executive」。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)、電動チルト・テレスコピックステアリングコラム(チルトアウェイ機能省く)、前席12ウェイ電動シート(他グレードは16ウェイ)、前席シートヒーター(他グレードは後席含む)と、装備を若干グレードダウンしつつ価格も下げた。
価格は、769.0万円。ひとつ上のグレード「XJ8 3.5」(3.6リッター)の126.0万円安となる。


「Sタイプ3.0 Executive」

いっぽう「Sタイプ3.0 Executive」は、これまでの「2.5 V6」(2.5リッター)の位置を受け継ぐグレード。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)を採用、ヘッドランプウォッシャー(オプション化)や雨滴感知式オートワイパー、電動リアサンブラインドを省くなどし、プライスダウンを図った3リッターモデルである。
595.0万円、3リッター上級「3.0 V6 SE」より95.0万円安いプライスタグを付ける。2.5 V6比で15.0万円高と、買い得感ある価格設定とした。

(webCG 有吉)


ジャガー:
http://www.jaguar.co.jp/jp/ja/home.htm

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ロールス・ロイス、新型「ファントム」を7月末に発表 2017.6.1 自動車ニュース 英ロールス・ロイスが、新型「ファントム」を7月末にロンドンのメイフェアで公開すると発表した。ファントムは1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデルであり、今回披露される新型は、その8代目にあたる。
ホームへ戻る