ホンダ「シビック」「シビックフェリオ」に特別仕様車

2001.05.22 自動車ニュース
 
 
010522_053.gif

ホンダ「シビック」「シビックフェリオ」に特別仕様車(5/22)

本田技研工業は、ハッチバック「シビック」とセダン「シビックフェリオ」の1.5リッターモデルに、特別仕様車「クオリティエディション」を設定、2001年5月17日発売した。

「クオリティエディション」は、専用シート表皮&専用インテリアカラーでお化粧し、装備を充実させた特別仕様車だ。

「シビック・クオリティエディション」は、「G」とその4WD仕様「G4」をベースに、専用シート表皮&インテリアカラーに爽やかな「ダークブルー」を採用。さらに、運転席ハイトアジャスターやAM/FMチューナー付CDプレーヤー+4スピーカー、フロント大型アームレストなどを奢りつつ、価格をベース車の5.0万円高に抑えた。2WDが149.8万円、4WDが167.8万円。4ATのみとなる。

いっぽう「シビックフェリオ・クオリティエディション」は、「B」とその四駆版「B4」をベースに、専用シート表皮&インテリアカラーに落ち着いた「ベージュ」を採用。加えて、運転席ハイトアジャスター、AM/FMチューナー付カセットステレオ+2スピーカー(フロント)、全面高熱線吸収UVカットガラスなど装備した。
価格は、ベース車プラス7.0万円。2WDが133.8万円(5MT)と141.8万円(4AT)、4WDが153.3万円(5MT)と161.3万円(4AT)。

(webCG 渡辺)

 
 

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る