ホンダ「シビック」「シビックフェリオ」に特別仕様車

2001.05.22 自動車ニュース
 
 
010522_053.gif

ホンダ「シビック」「シビックフェリオ」に特別仕様車(5/22)

本田技研工業は、ハッチバック「シビック」とセダン「シビックフェリオ」の1.5リッターモデルに、特別仕様車「クオリティエディション」を設定、2001年5月17日発売した。

「クオリティエディション」は、専用シート表皮&専用インテリアカラーでお化粧し、装備を充実させた特別仕様車だ。

「シビック・クオリティエディション」は、「G」とその4WD仕様「G4」をベースに、専用シート表皮&インテリアカラーに爽やかな「ダークブルー」を採用。さらに、運転席ハイトアジャスターやAM/FMチューナー付CDプレーヤー+4スピーカー、フロント大型アームレストなどを奢りつつ、価格をベース車の5.0万円高に抑えた。2WDが149.8万円、4WDが167.8万円。4ATのみとなる。

いっぽう「シビックフェリオ・クオリティエディション」は、「B」とその四駆版「B4」をベースに、専用シート表皮&インテリアカラーに落ち着いた「ベージュ」を採用。加えて、運転席ハイトアジャスター、AM/FMチューナー付カセットステレオ+2スピーカー(フロント)、全面高熱線吸収UVカットガラスなど装備した。
価格は、ベース車プラス7.0万円。2WDが133.8万円(5MT)と141.8万円(4AT)、4WDが153.3万円(5MT)と161.3万円(4AT)。

(webCG 渡辺)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【東京オートサロン2017】ホンダ、オートサロンで新型「シビック」を公開 2017.1.15 自動車ニュース 本田技研工業は2017年1月13日、東京オートサロン2017で、2017年夏に日本での発売を予定している新型「シビック」シリーズの3モデルのプロトタイプモデルを日本で初めて公開した。
  • ホンダ・シビック ハッチバック 2016.9.29 画像・写真 本田技研工業はパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「ホンダ・シビック ハッチバック」(欧州仕様)を公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編) 2017.2.23 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」。ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに何を見いだすのか!
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る