【スペック】全長×全幅×全高=4350×1840×1485mm/ホイールベース=2640mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC 16バルブ(100ps/6000rpm、15.3kgm/4000rpm)/価格=220万円(テスト車=同じ)

フォード・フォーカス 1.6(FF/4AT)【試乗記】

エンジン控えめでも“走快”なキレ味 2006.01.14 試乗記 フォード・フォーカス 1.6(FF/4AT)……220万円マイナーチェンジを受け大きくなった2代目「フォード・フォーカス」。遅れて導入された1.6リッターモデルに試乗。エントリーモデルの乗り心地は。


価格差は50万円

2005年8月5日に発表された新型フォーカス。ラインアップは、2リッターエンジン搭載のフォーカス 2.0と1.6リッターのフォーカス 1.6の2種類で、いたってシンプルな車種構成である。このうちフォーカス 2.0は発表と同時に販売が開始されたが、これに遅れること4か月、ようやくフォーカス 1.6の販売がスタートした。

価格は、2.0の270万円に対して、1.6は50万円安い220万円。この価格差は、当然搭載されるエンジンと装備の違いということになる。1.6になくて2.0にあるのは、オートランプシステム、本革巻ステアリング、アルミホイール、フロントフォグランプ、フルオートエアコン、自動防眩ルームミラー、運転席パワーシートなど(安全装備に差をつけないのはヨーロッパメーカーの良心だ)。そのうち装着されなくて残念なのは本革巻ステアリングくらい……と考えると、フォーカス 1.6はとてもお手頃なモデルに思えてくる。

エンジンは必要にして十分

あとは1.6リッターエンジンの実力次第ということになる。最高出力100ps/6000rpm、最大トルク15.3kgm/4000rpmの直列4気筒DOHCエンジンには、シーケンシャルシフトが可能な4段オートマチックが組み合わされているが、最大のライバルである「VWゴルフ」の1.6リッターモデルが、116ps/15.8kgmのエンジンと6段ATの組み合わせであることを考えると多少見劣りするのは確かで、実際に運転してみても、スペックの差がそのまま表れている印象だ。

フォーカス 1.6のエンジンは、いまどきのクルマとしてはアイドリング時のノイズ、振動が大きめで、ブレーキペダルからアクセルペダルに軽く足を載せ換えると、もたつくことこそないが、発進の力強さは感じられない。それでも、ふだんよりやや大きめにアクセルペダルを踏んでいれば、十分に流れに乗せる運転は可能である。加速したいときは、躊躇せず右足にグッと力をこめればいい。キックダウンしてエンジン回転を4000rpm以上に保てば、エンジンは盛り上がりを見せ、街中でも高速でも必要な加速が得られるからだ。エンジン音はそれなりに大きいが……。
それよりも気になったのが街中でのロードノイズ。よく使う一般道で、「ここの舗装、こんなに荒れてるの?」と思うほどキャビンは騒々しかったのだ。

一方、ワインディングロードでは、フォーカスのキレ味の良さが光る。エンジンが非力なので上り坂ではフラストレーションが溜まるが、上りから下りに転じると、まさに水を得た魚のように生き生きと走るのである。195/65R15のタイヤと快適性重視のサスペンションを持つ1.6でも、コーナーではステアリング操作に応じて面白いように向きを変えるし、安定感も極めて高い。

高速でも上下動を上手く抑えたフラットな乗り心地と、直進性の高さが魅力で、100km/h巡航ならエンジン音もロードノイズもさほど気にならないレベルである。乗り心地も硬めではあるが、十分快適だ。

大きなボディは“両刃の剣”

というわけで、50万円安の1.6でも及第点をあげられそうだ。意外にパワーを必要とする都心部の道路よりも、流れの速い郊外の道や高速道路のほうが、私はお似合いだと思う。

走行性能以外は、2.0とほとんど変わらないが、それにしても室内の広さは新型フォーカスの魅力であることは確かだ。後席のレッグルームが広く、また、横方向の余裕も十分すぎるほど。ただ、その代償として、全幅が1840mmに達するのは正直ツライ。デザインの妙で、実際のサイズほど大きく見えないのはいいが、運転してみたら「あれっ」と驚く人は多いかもしれない。特に狭い都内に乗り入れる機会の多い人は要注意。それさえ気にならなければ、お奨めできるのが、フォーカス 1.6である。

(文=生方聡/写真=清水健太/2006年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る