トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開【東京オートサロン06】

2006.01.13 自動車ニュース
【東京オートサロン2006】トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開

【東京オートサロン06】トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開

2006年1月13日、年初恒例のカスタマイズカー、ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が千葉県・幕張メッセで開幕した。会期は15日まで。
トヨタ自動車は、発売目前の2モデルをベースとしたカスタマイズカーを先んじて公開した。


「エスティマコンセプトAERO TOURER」(「ホンダ・エリシオン」ではない。念のため)

【東京オートサロン2006】トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開

■間もなく発表、3代目「エスティマ」

1983年に開かれた「第1回東京エキサイティングカーショー」に端を発する東京オートサロン。市井のチューナーやパーツ屋のお祭りだったものに自動車メーカーが大々的に“侵入”してきて久しいが、トヨタは昨年末発売されたばかりの「bB」らに加え、間もなくリリースされる2台のニューモデルを先行公開した。カスタム・ブームにあやかって効果的な前宣伝を、ということだろうか。


「新コンパクトSUVコンセプト」(「トヨタ・ラッシュ」)

【東京オートサロン2006】トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開

まずはトヨタモデリスタインターナショナル、TRDなどによる「エスティマコンセプト」。お化粧を直したエスティマがきわめてフツーに展示されているだけかと思ったが、よく見れば、中身はもうすぐ発表されるニューモデルだった。

「AERO TOURER」のスペック表には、総排気量3.456リッター(おそらくV6)、全長×全幅×全高=4840×1800×1730mm、トランスミッションは6段ATと記されていた。


「マークXスーパーチャージャー・コンセプト」

【東京オートサロン2006】トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開

■「新コンパクトSUVコンセプト」……

と、特別な名前が書かれていない小型SUVだが、こちらは程なくしてローンチを迎える「キャミ」の後継「ラッシュ」と思われる。キャミ=テリオス同様、「ダイハツBego(ビーゴ)」の兄弟車だ。

会場の説明書きによると、総排気量は1.495リッター、トランスミッションは4AT、全長×全幅×全高=3995×1695×1690mm、後輪駆動という。


多くの「bB」も出展。ほかに、「ラクティス」のレース仕様モデル、「ヴィッツRS」のワンメイクレース車があった。

【東京オートサロン2006】トヨタ、発売前の2モデルをフライング公開

■「クラウン」「マークX」にスーパーチャージャー仕様

bBは17台の展示車中5台を占めていた。「STREET BILLET」「MODELLISTA」などお馴染みのカスタムが並ぶが、もともとが派手派手しいクルマだけに、あまりインパクトがないのは気のせいか?

内外飾りつけのナンパなものもあれば、メカに手を入れた硬派なものも。「クラウン・マジェスタ」「マークX」のスーパーチャージャー版がそれ。クラウンの4.3リッター「3UZ-FE」エンジン+スーパーチャージャーは60psアップの340ps、11.2kgm増の55.0kgm、マークXの3リッター「3GR-FSE」ベースは64psプラスされ320ps、8.0kgm太くなり40.0kgmを発生する。
特に高速走行時の余裕ある加速感がスーパーチャージャーの利点、とは会場の解説係の方の弁だった。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車:
http://toyota.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。