国内初、19インチシューズを履いた「フェアレディZ」期間限定車

2006.01.13 自動車ニュース

国内初、19インチシューズを履いた「フェアレディZ」期間限定車

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、「日産フェアレディZ」のスペシャルモデル「Version ST Type G」を、2006年1月12日に発売した。2006年5月31日受注分までの期間限定販売。

クーペ最上級グレード「Version ST」のタイヤ(リアのみ)を、国内版としては初めて19インチとしたモデル。さらに前後フェンダーモール、レイズ製鍛造アルミロードホイールなどでスポーティさを演出し、車内にはワインレッド「カベルネ色」の本革シート、本革巻きステアリングホイールなどを配した。

価格は、6MTが427万3500円、5ATは432万6000円。ベース車の36万7500円高となる。

(webCG 有吉)

日産自動車「フェアレディZ」:
http://www2.nissan.co.jp/Z/top.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)【試乗記】 2009.5.28 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)
    ……481万6350円

    2008年に登場した新型「フェアレディZ」。特徴のひとつは、MT車にシンクロレブコントロールがついたこと。これにより、操縦はさらに楽しめるものになったのか? そしてその走りは?
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
ホームへ戻る