日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ【東京オートサロン06】

2006.01.13 自動車ニュース

【東京オートサロン06】日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ

2006年1月13日、年初恒例のカスタマイズカー、ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が千葉県・幕張メッセで開幕した。「日産」は「ニスモ」と「オーテック」の2大ブランドを前面に出して、すぐに買えるカスタマイズカーを展示した。

■名コンビのトークセッション

湯川伸次郎、加藤博義といえば、「フェアレディZ」を生み出した名コンビである。チーフプロダクトスペシャリストの湯川氏と、「現代の名工」にも選ばれた加藤氏がステージに上がって、Zをめぐるトークセッションが行われた。

昨年ビッグマイナーチェンジが行われたばかりでもあり、開発の裏話が披露された。ただ、陰の主役ともいえたのが来年発売される予定の「GT-R」で、日産ファンの期待に応えてZとGT-Rの違いについてのトークには興味深げに聞き入る人が多かった。

ブースは右に「ニスモ」、左に「オーテック」と、大きくふたつのスペースに分けられる。ニスモでは全日本GT選手権で2連覇を果たした「XANAVI NISMO Z」がステージに展示され、モータースポーツでの活躍をアピールした。そして、Zと「ウイングロード」のコンセプトモデルに加え、ライトチューンを施した「マーチ」「セレナ」などの「S-tune」モデルを並べた。

オーテックは、さらに「Rider」「AXIS」の2ブランドに分けられる。クール&スタイリッシュを謳うRiderからは「キャラバン」「エルグランド」「セレナ」「ノート」「ウイングロード」、ラクシュリー系のAXISからは「ティアナ」と「ブルーバード・シルフィ」が出展された。

(NAVI 鈴木)

日産:
http://www.nissan.co.jp/

【東京オートサロン2006】日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ

湯川氏(左)と加藤氏(右)は、開発の途上で対立し2か月間口をきかなかったこともある、と話していた。今は、仲がよさそう。

【東京オートサロン2006】日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ

発売間もない「ウイングロード」は軽3台が出展されていた。これは、ニスモが手がけたコンプリートカー「S-tune」で、価格は189万2100円。

【東京オートサロン2006】日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ

スポーティな外観とブラック内装の「セレナRiderS」は246万7500円。

【東京オートサロン2006】日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ

新しい「ブルーバード・シルフィ」にもAXISブランドが。本革パワーシートを装備して、241万5000円。

【東京オートサロン2006】日産/「GT-R」はないけど「Z」で客寄せ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。