マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も【東京オートサロン06】

2006.01.13 自動車ニュース
 
【東京オートサロン2006】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

【東京オートサロン06】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

2006年1月13日、年初恒例のカスタマイズカー、ドレスアップカーの祭典「東京オートサロン with NAPAC」が千葉県・幕張メッセで開幕した。会期は15日まで。
マツダは、来月発売予定のミニバン「MPV」の新型や、昨年のカー・オブ・ザ・イヤー受賞車「ロードスター」と、唯一のロータリーモデル「RX-8」のレース仕様などを展示した。


3代目となる新型「MPV」
 
【東京オートサロン2006】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

■MPV、2月2日デビュー

ちょっと暗めのステージには、ニューMPVとロードスター。「MPV、2月2日デビュー」と堂々とローンチ日を告知しており、発売日をうやむやにしながらニューモデルをこっそり出展している他メーカーと比べ、なんだか気持ちがいい。

マルチ・パーパス・ビークル、MPVは3代目に突入。ホイールベースを含めひとまわり大きく、いっぽうで背を低め、「マツダスピードアテンザ」に次いで2.3リッター「MZR」ターボエンジンを採用したことが主なポイントだ。


ニューMPVは快適性でも向上したとか。大き目のセカンドシート、クッションチルト機構やオットマン、大型ヘッドレストなどが用意されるという。
 
【東京オートサロン2006】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

最近のマツダ顔を与えられた新型MPV。スポーツサウンドマフラーなどで力強さを出したという「マツダスピード・パッケージ」、老舗エアロブランドが手がけた「ケンスタイル」、スポーティな「ダムド」がブースを飾っていた。

■ロードスター、RX-8の「NR-A」

「人馬一体」、オープンスポーツのロードスターでは、2006年スタート予定のワンメイクレース「ロードスターパーティレース」に出場可能なナンバー付き「ロードスターNR-A」や、カー用品店オートバックスのオリジナルカスタマイズモデル「monoCRAFT MH1」をレトロなレーサー風に仕上げた「ロードスター・サーキットトライアル」など、そのキャラを活かしたモデルが並んだ。


グリーンがレトロな雰囲気を醸し出している「ロードスター・サーキットトライアル」
 
【東京オートサロン2006】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

またRX-8にもNR-A仕様があり、こちらは250psの6段マニュアル「タイプS」に、ロールバーなどの安全装備やレースモデルならではのアイテムを付けた内容だ。

そのほかには、2006年初頭にリース販売開始を予定している水素ロータリーエンジン車「RX-8ハイドロジェンRE」や、「ベリーサ」「プレマシー」のカスタマイズカーを見ることができた。

(webCG 有吉)


ナンバー付き車両で競えるワンメイクレースシリーズ、「RX-8パーティレース」に出られる「RX-8 NR-A仕様」
 
【東京オートサロン2006】マツダ、新型「MPV」先行発表、レース用「ロードスター」「RX-8」も

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MPVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る