【スペック】全長×全幅×全高=4425×1850×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(355ps/6600rpm、40.8kgm/4600rpm)/価格=1450万円(テスト車=1591万5000円/メタリックカラー=40万円/ツートンカラーレザー=55万円/前席シートヒーター=7万円/BOSEサラウンドシステム=20万円/スポーツクロノパッケージ=13万5000円/19インチホイール=6万円)

ポルシェ・911カレラ4S(5AT)【試乗記】

アシにするより、ルックス重視 2006.01.12 試乗記 ポルシェ・911カレラ4S(5AT)……1591万5000円997型ポルシェ911に、四駆モデルの「カレラ4」が追加された。その高性能版たる「カレラ4S」に、外気温がマイナスとなり路面が一部凍りついた箱根で乗った。

少数派だが、ポルシェの面目躍如

「カレラ4S」はSの文字が示すように、標準のカレラ4に比べ一段と高性能なモデルだ。3.6リッターの排気量は3.8リッターと大きくなり、タイヤは前が235/40ZR18から235/35ZR19に、後ろは295/35ZR18から305/30ZR19と太くなり、1センチ低い車高などで区別される。発表されている性能は、カレラ4の最高速度は280km/hに対し、4Sは288km/hに達する。

もちろん4の文字が示すように4WDであるが、フルタイム4WDのセンターデフはVCUヴィスカスカプリングによる。世の趨勢は電子制御に傾き、なぜかパートタイムで済ませようとしていて、今やVCUは少数派でもある。が、使い方によっては超高速高性能四駆にこそ最適という見本であり、ここにも本質をわきまえたポルシェの面目躍如たる技術力をみることができる。

3.8リッターの排気量は伝統のフラット6史上で最大のものであるが、ボアもストロークも両方最大の組み合わせとなる。これはシリンダーの壁が薄く、コンロッドも短いゆえにシリーズ中では音や振動の面では一番不利な組み合わせで、「ヴァルーン」というようなのどかな音を発して回る。しかしさすがにトルクは強大なものがあるし、直列6気筒よりはクランクが短いこともあって、7000rpmの高回転域まで綺麗に回り切る。

4WDの恩恵

この日の箱根は外気温度マイナス1度とあって、路面は一部凍結していたが、4WDはそれをほとんど感じさせない。回転数感応型のVCUは明確なスリップなどさせなくとも、路面のうねりや左右輪の回転差など、接地面積の長さの変化で生じる少しの回転差でもトルクのやり取りが行われ、スムーズな駆動バランスのうちにも接地性を有効に助けている。この日はほかにも高性能なFR車が同行していたのだが、そのモデルは時折前輪がスリップするようなこともあった。やはり4WDの恩恵は偉大なものがある。

しかしポルシェとてすべてが理想的にできているわけではなく、気になった特性もある。それはバンプステアが大きいことだ。タイヤトレッド以下と思われるサスペンションアームの短さはいかんともしがたく、うねった路面を斜めに通過するような時にその動きは顕著にでる。





始末に悪いバンプステア

キックバック自体は操舵感としてスポーツカーには付き物のような諦めもあるが、911はゼロスクラブを採ることにより消し去っている。バンプステアはタイヤが左右の位相差をもって上下動するたびに、ステアリングが転舵されてしまうから始末に悪い。まるで用もないのにソーイングさせられてしまう感覚は、自分の運転が下手になってしまったようにも感じる。さらに、一定舵角でコーナーを抜けようと舵角を固定していると、今度は強烈なGとなって横に飛ばされるから余計シビアなことになる。よって舵角で逃げたほうがまだマシだ。

またティプトロニックは、相変わらず左足ブレーキに対してエンジンストールを起こすので、必ずスロットルペダルを離してからブレーキを踏む必要がある。若干リカバリーが早くなったものの、根本的な解決は見送られている。ティプトロは、ポルシェにとっては今もって素人向けとして認識されていることの現れだろうか。

以上の感想から所見を述べるならば、911の4WDを日常のアシとする人には4Sではなく、細いタイヤと3.6リッターエンジンのカレラ4、そして6MTをお勧めする。ただ、ルックスを重視するなら4Sということになろうか。

(文=笹目二朗/写真=高橋信宏/2006年1月)

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2015.12.30 試乗記 「ポルシェ・ケイマン」のトップグレード「GT4」に試乗。「911カレラS」のエンジンや「911 GT3」ゆずりの足まわりを得て、MRスポーツカーの走りはどのように仕上がったのか?
ホームへ戻る