「ジープ・チェロキー」2006年モデル発売、安全性を向上

2006.01.12 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」2006年モデル発売、安全性を向上

ダイムラー・クライスラー日本は、SUV「ジープ・チェロキー」の2006年モデルを、2006年1月14日に発売する。

「チェロキー」06モデルは、全グレードにエレクトロニック・ロールオーバー・ミティゲーション(ERM)付きエレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)を標準で付与。これにより様々な路面状況における過酷なドライビングで、ドライバーが進路をキープする操作を補助し、ロールを電子的に抑制、横転を防止するという。

そのほか、BAS(ブレーキ・アシスト)、TCS(オールスピード・トラクション・コントロール・システム)などを標準装備した。

ボディカラーに新色3色を追加、右ハンドルのみの設定で、価格は以下のとおり。
「スポーツ」:319万2000円(前年モデル比プラス5万2500円)
「レネゲード」:357万円(同比プラス4万2000円)
「リミテッド」:378万円(同比プラス10万5000円)

(webCG 田中)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

「ジープ・チェロキー」2006年モデル発売、安全性を向上の画像

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】 2007.3.16 試乗記 ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド

    「ジープ・ラングラー」が10年ぶりにフルモデルチェンを受け、2007年3月16日発売された。新たに4ドアモデルが追加された新型に試乗。まずはその変更内容から。
ホームへ戻る