「ジープ・チェロキー」2006年モデル発売、安全性を向上

2006.01.12 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」2006年モデル発売、安全性を向上

ダイムラー・クライスラー日本は、SUV「ジープ・チェロキー」の2006年モデルを、2006年1月14日に発売する。

「チェロキー」06モデルは、全グレードにエレクトロニック・ロールオーバー・ミティゲーション(ERM)付きエレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)を標準で付与。これにより様々な路面状況における過酷なドライビングで、ドライバーが進路をキープする操作を補助し、ロールを電子的に抑制、横転を防止するという。

そのほか、BAS(ブレーキ・アシスト)、TCS(オールスピード・トラクション・コントロール・システム)などを標準装備した。

ボディカラーに新色3色を追加、右ハンドルのみの設定で、価格は以下のとおり。
「スポーツ」:319万2000円(前年モデル比プラス5万2500円)
「レネゲード」:357万円(同比プラス4万2000円)
「リミテッド」:378万円(同比プラス10万5000円)

(webCG 田中)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

「ジープ・チェロキー」2006年モデル発売、安全性を向上の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る