三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理

2006.01.12 自動車ニュース

三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理

三菱自動車は、コンパクトSUV「パジェロイオ」を一部改良し、2006年1月11日に発売した。

主な改良点は、2005年1月から特別仕様車として販売されている「アクティブフィールドエディション」が標準グレードとして設定され、そのほかのグレードが廃止されたこと。

装備面では、シートの生地に汚れが染み込みにくいという「撥水シート」やフロントウインドシールドガラスの「UV&ヒートプロテクトガラス」、さらに「フロントフォグランプ」や「スペアタイヤケース」などが全車に備わる。
また、法規に合わせ、ヘッドランプに光軸調整機構(手動)を新たに追加するとともに、サイドターンランプ部をアンバー色に変更した。
ボディカラーは、クールシルバーメタリック、ブラックマイカ、ウォームホワイトパールの3色となる。

「アクティブフィールドエディション1.8 NAVI」と「同2.0 NAVI」には、7インチ2DIN-AV一体型HDDナビゲーションを装着。
さらに、「アクティブフィールドエディション2.0」「同2.0 NAVI」では、新たに5段MT仕様を設定した。

価格は、180.6万円から228.9万円まで。

(webCG 田中)

三菱「パジェロイオ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero_io/index.html

 
三菱、「パジェロイオ」を一部改良、ラインナップを整理の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱、新開発「GDIターボ」をパジェロイオに搭載 2000.7.5 自動車ニュース 三菱自動車は、SUV「パジェロイオ」に、新開発のガソリン直噴ターボエンジン「GDIターボ」を搭載し、7月3日より発売した。「GDIターボ」エンジンの特徴は、ベースとなる1.8リッターGDIエンジンと同等の燃費を確保しながら、2.4リッター並みの出力特性を実現させたという点にある。ガソリン直噴エンジンのターボ仕様車が市販されるのは初めてのことだ。燃費を優先したロープレッシャーターボを採用。これにより、低回転域のレスポンスを高めターボラグの問題をほぼ解消したとしている。最高出力は160ps/5200rpm、最大出力は22.4kgm/3500rpmを発生。燃費はリッター13km(10・15モード)で、平成12年排出ガス規制への適合、2010年新燃費基準のクリアを果たしている。「GDIターボ」が搭載されるのはパジェロイオ「TR」(5ドア+4AT+4WD)。専用フロントグリル、同アルミホイールを装着し、ターボ車としての高性能なイメージを付与したとしている。価格はベース車の7万円高で210.0万円となる。三菱自動車「パジェロイオ」サイト:http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/online/source/modinfo.asp?QnModelId=16
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る