「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載

2006.01.11 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載

トヨタ自動車は、「ハリアー」を一部改良し、2006年1月10日に発売した。

3リッターエンジンにかわり、3.5リッターV6「2GR-FE」ユニットが採用された。最高出力280ps/6200rpm、最大トルク35.3kgm/4700rpmを発生。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準+5%」、または「平成22年度燃費基準」を達成し、グリーン税制による減税措置を受けられる。トランスミッションは5段ATだ。
同エンジン搭載「350G」「AIRS」は、319万2000円から400万500円まで。

さらに、2.4リッター「240G」および350Gで、対向車への眩惑を低減する光軸調整用オートレベリング機構を採用したディスチャージヘッドランプを拡大設定し全車標準装備に。全車にシートベルトウォーニングブザー、二鏡面式補助確認装置、ワイアレスドアロック対応キーを標準設定、HDDナビゲーションをオプション設定するなどした。
2.4リッターモデルは、266万7000円から325万5000円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://toyota.jp/harrier/

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記