「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載

2006.01.11 自動車ニュース

「トヨタ・ハリアー」、3.5リッターV6エンジン新搭載

トヨタ自動車は、「ハリアー」を一部改良し、2006年1月10日に発売した。

3リッターエンジンにかわり、3.5リッターV6「2GR-FE」ユニットが採用された。最高出力280ps/6200rpm、最大トルク35.3kgm/4700rpmを発生。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準+5%」、または「平成22年度燃費基準」を達成し、グリーン税制による減税措置を受けられる。トランスミッションは5段ATだ。
同エンジン搭載「350G」「AIRS」は、319万2000円から400万500円まで。

さらに、2.4リッター「240G」および350Gで、対向車への眩惑を低減する光軸調整用オートレベリング機構を採用したディスチャージヘッドランプを拡大設定し全車標準装備に。全車にシートベルトウォーニングブザー、二鏡面式補助確認装置、ワイアレスドアロック対応キーを標準設定、HDDナビゲーションをオプション設定するなどした。
2.4リッターモデルは、266万7000円から325万5000円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://toyota.jp/harrier/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る