スバルはハイブリッド「B5-TPH」「インプレッサWRC2006プロト」らを出展【デトロイトショー06】

2006.01.11 自動車ニュース

【デトロイトショー06】スバルはハイブリッド「B5-TPH」「インプレッサWRC2006プロト」らを出展

富士重工業は、1月8日に開幕した2006年のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)に、2005年秋の東京モーターショーで披露したスバル「B5-TPH」「R1e」「インプレッサWRC2006プロトタイプ」などを出展した。

B5-TPHのパワートレインは、スバル自慢の水平対向4気筒ターボにモーターを組み合わせた「ターボパラレルハイブリッド(TPH)」。これに独自の4WD「シンメトリカルAWD」を組み合わせた、富士重工業いうところの「グランドツーリングカー」である。

2+2の軽「R1」を電気自動車に仕立てたのがR1e。高性能電池の搭載により、出力性能の高さに加え、従来の電気自動車で課題とされていた充電時間、メンテナンス性の問題を解決したと謳われるモデルである。

そして言わずとしれたWRカー、インプレッサWRC2006プロトタイプ。ネーミングのとおり06モデルのインプレッサをベースにしたプロトタイプで、1月20日から始まる世界ラリー選手権(WRC)第1戦モンテカルロから投入されるという。

(webCG 有吉)

スバルはハイブリッド「B5-TPH」「インプレッサWRC2006プロト」らを出展【デトロイトショー06】の画像

「R1e」

「R1e」

「インプレッサWRC2006プロトタイプ」

「インプレッサWRC2006プロトタイプ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る