新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場【デトロイトショー06】

2006.01.10 自動車ニュース
【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

【デトロイトショー06】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

1月8日に開幕した2006年のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で、レクサスはフラッグシップ「LS」の新型を世界初公開した。


レクサスのデザインフィロソフィ「L-finesse(エル・フィネス:先鋭−精妙の美)」に基づいたという意匠を纏った新型「LS460」。
全長5030(LS460Lは5150)mm×全幅1875mm×全高1475mm、ホイールベースは2970(Lは3090)mm。新設計の前後マルチリンクサスペンションが採用される。

【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

■世界初を謳う8段AT、初めてのロングバージョン

1989年の同ショーで初披露されたレクサスLS(すなわち「トヨタ・セルシオ」)の最新4代目は、今秋日本を含む世界各国でリリースが予定される。

「LS460」は、新プラットフォームの上に、ライバル「メルセデス・ベンツSクラス」の7段「7G-TRONIC」を追い抜く、世界初を謳う8段オートマチックギアボックスを搭載。エンジンは380hpを発生する4.6リッターV8エンジンで、0-60mph(0-96km/h)加速5.5秒以下というパフォーマンスを誇る。

8ATと並ぶトピックが、同車初のロングホイールベースバージョン「LS460L」だ。ノーマル比プラス120mmのホイールベースを採用し、後席をグレードアップした仕様で、「プライベートジェットに匹敵するプレミアム装備を兼ね備えたリアシート空間の実現」がポイントとか。Lの乗員は後席でひとり減り4名となる。


3色のウッドトリムと4色のセミアニリン本革シートが用意される。

【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

もちろん、内装は贅が尽くされ、ベンチレーション機能・ヒーター付き本革シート&トリムとステアリングヒーター、パワーレッグレストとマッサージ機能付き後席パワーリクライニングシート、センサー付き4席独立温度コントロールエアコン、リアシートテーブル、9インチ後席ディスプレイおよび19スピーカー付きマークレビンソンオーディオシステム、パワーリアドアサンシェードおよびトランクリッドイージークローザーなどなどが用意される。

(webCG 有吉)




【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

レクサス:
http://lexus.jp/ms/2006detroit/contents.html




【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
ホームへ戻る