新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場【デトロイトショー06】

2006.01.10 自動車ニュース
【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

【デトロイトショー06】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

1月8日に開幕した2006年のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で、レクサスはフラッグシップ「LS」の新型を世界初公開した。


レクサスのデザインフィロソフィ「L-finesse(エル・フィネス:先鋭−精妙の美)」に基づいたという意匠を纏った新型「LS460」。
全長5030(LS460Lは5150)mm×全幅1875mm×全高1475mm、ホイールベースは2970(Lは3090)mm。新設計の前後マルチリンクサスペンションが採用される。

【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

■世界初を謳う8段AT、初めてのロングバージョン

1989年の同ショーで初披露されたレクサスLS(すなわち「トヨタ・セルシオ」)の最新4代目は、今秋日本を含む世界各国でリリースが予定される。

「LS460」は、新プラットフォームの上に、ライバル「メルセデス・ベンツSクラス」の7段「7G-TRONIC」を追い抜く、世界初を謳う8段オートマチックギアボックスを搭載。エンジンは380hpを発生する4.6リッターV8エンジンで、0-60mph(0-96km/h)加速5.5秒以下というパフォーマンスを誇る。

8ATと並ぶトピックが、同車初のロングホイールベースバージョン「LS460L」だ。ノーマル比プラス120mmのホイールベースを採用し、後席をグレードアップした仕様で、「プライベートジェットに匹敵するプレミアム装備を兼ね備えたリアシート空間の実現」がポイントとか。Lの乗員は後席でひとり減り4名となる。


3色のウッドトリムと4色のセミアニリン本革シートが用意される。

【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

もちろん、内装は贅が尽くされ、ベンチレーション機能・ヒーター付き本革シート&トリムとステアリングヒーター、パワーレッグレストとマッサージ機能付き後席パワーリクライニングシート、センサー付き4席独立温度コントロールエアコン、リアシートテーブル、9インチ後席ディスプレイおよび19スピーカー付きマークレビンソンオーディオシステム、パワーリアドアサンシェードおよびトランクリッドイージークローザーなどなどが用意される。

(webCG 有吉)




【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

レクサス:
http://lexus.jp/ms/2006detroit/contents.html




【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 「レクサスLS500h」日本国内で初公開 2017.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月26日、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の新型を、国内で初披露した。同年秋以降にハイブリッド車の「LS500h」が発売され、その後に、ガソリン車の「LS500」がデビューする見込み。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る