新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場【デトロイトショー06】

2006.01.10 自動車ニュース
【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

【デトロイトショー06】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

1月8日に開幕した2006年のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で、レクサスはフラッグシップ「LS」の新型を世界初公開した。


レクサスのデザインフィロソフィ「L-finesse(エル・フィネス:先鋭−精妙の美)」に基づいたという意匠を纏った新型「LS460」。
全長5030(LS460Lは5150)mm×全幅1875mm×全高1475mm、ホイールベースは2970(Lは3090)mm。新設計の前後マルチリンクサスペンションが採用される。

【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

■世界初を謳う8段AT、初めてのロングバージョン

1989年の同ショーで初披露されたレクサスLS(すなわち「トヨタ・セルシオ」)の最新4代目は、今秋日本を含む世界各国でリリースが予定される。

「LS460」は、新プラットフォームの上に、ライバル「メルセデス・ベンツSクラス」の7段「7G-TRONIC」を追い抜く、世界初を謳う8段オートマチックギアボックスを搭載。エンジンは380hpを発生する4.6リッターV8エンジンで、0-60mph(0-96km/h)加速5.5秒以下というパフォーマンスを誇る。

8ATと並ぶトピックが、同車初のロングホイールベースバージョン「LS460L」だ。ノーマル比プラス120mmのホイールベースを採用し、後席をグレードアップした仕様で、「プライベートジェットに匹敵するプレミアム装備を兼ね備えたリアシート空間の実現」がポイントとか。Lの乗員は後席でひとり減り4名となる。


3色のウッドトリムと4色のセミアニリン本革シートが用意される。

【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

もちろん、内装は贅が尽くされ、ベンチレーション機能・ヒーター付き本革シート&トリムとステアリングヒーター、パワーレッグレストとマッサージ機能付き後席パワーリクライニングシート、センサー付き4席独立温度コントロールエアコン、リアシートテーブル、9インチ後席ディスプレイおよび19スピーカー付きマークレビンソンオーディオシステム、パワーリアドアサンシェードおよびトランクリッドイージークローザーなどなどが用意される。

(webCG 有吉)




【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

レクサス:
http://lexus.jp/ms/2006detroit/contents.html




【デトロイトショー2006】新型「レクサスLS」世界初公開、初の8段AT&ロングバージョン登場

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る