【スペック】全長×全幅×全高=4315×1740×1675mm/ホイールベース=2695mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(115ps/5400rpm、17.3kgm/3400rpm)/車両本体価格=288.3万円(テスト車=同じ)

オペル・ザフィーラCDX(4AT)【ブリーフテスト】

オペル・ザフィーラCDX(4AT) 2000.11.23 試乗記 ……288.3万円総合評価……★★★

手抜きナシの3列目シート

アストラワゴンをベースに造られた、オペルの中量級ミニバン。ウリは、床下にキレイに収納できる3列目シート。サードシートを引き出せば、7名乗ることができる。このサイズのミニバンは、ヨーロッパではルノー・セニックしかないが、日本車にはウヨウヨある。価格差を越えて選択する理由は簡単には見つからない。強いていえば、インテリア関係の質実剛健なつくりと、手抜きなしの3列目シート、それにヤナセのサービスか。サードシートはあくまで子供用もしくはエマージェンシー用だが、これはボディサイズを考えるとやむなし。むしろ、臨時用にもかかわらず、ガッシリつくられ、ヘッドレスト、3点シートベルトが備わることに感心する。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1997年のフランクフルトショーでプロトタイプが発表され、2年後に市販モデルの販売が始まったアストラベースのミニバン。「フレックス7システム」と呼ばれるフロア収納型の3列目シートと、足まわりのチューンをポルシェが手がけたというのがジマン。本国では、1.6、1.8リッターのガソリンエンジンと、2リッターディーゼルターボがラインナップされる。日本での発売は、2000年3月3日。1.8リッターモデルのCDXが導入された。トランスミッションは4ATのみ。
(グレード概要)
日本では、1.8リッター「CDX」のモノグレード設定。サードシートは、左右独立して収納可能。6:4分割可倒式のセカンドシートは、バックレストを前方に倒すほか、座面と背もたれをV字型に折り畳んで前席に密着させ、広大なラゲッジスペースをつくることもできる。スライド量は200mm! 2列目シートにはエアコン吹き出し口が、3列目には足元ヒーターダクトが備わる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
黒一色のクールなインパネまわりのデザインが気持ちいい。ミニバンというと、ファミリーのものなので、子供や女房にも親しみやすく、「ファンシー入った」クルマが多いが、ザフィーラはミニバンといえどもジャーマン・ファンクショナリズム。
(前席)……★★★
着座位置は高く設定される。ステアリングホイールは、バスのそれのように水平方向に寝たポジション。これはこれで運転しやすい。シートは、あたりは少し固めだが、姿勢が崩れず、走行中は快適。
(後席)……★★★
後席は3名乗車。中央のシートが、左右のシートと別の形状と色をしている。全体に表皮がパァンと張っているが、前席同様、固すぎることはない。前席シート下に足の先を収められるようにして、空間を有効利用している。
(荷室)……★★★
ダンパー、スプリングを別体にして、荷室への浸食を最小限に。床面最大幅は100cm。床下にはサードシートが納まる。2列目に人が乗ると、3列目のスペースは極小になってしまうから、子供用と割り切るべきだろう。しかし、シートそのもののつくりはシッカリしている。多彩なシートアレンジで、伸縮自由なラゲッジルーム。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
アストラやベクトラにも用いられる1.8リッター4気筒「エコテック」ユニットは、無理して高回転域まで引っ張ってパワーを稼ぐことなど考えず、低速トルクを厚くして乗りやすくしている。トランスミッションは、ほかのオペル車同様、Dレンジで停止していると自動的にニュートラルになるシステムを備える。しかし、これが便利なようで気を遣わされる。信号が青に変わって急いでアクセルペダルを踏み込んだりすると、ショックが大きいのだ。気が短い人には向かない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
ポルシェが足まわりのチューンとセッティングを担当したと伝えられるが、そのわりにはドタドタとした乗り心地。路面の凹凸や段差などをそのまま拾い、車内に伝える。一方、ブレーキのフィーリングと効き具合はいい。ミニバンとは思えない。ドライビングポジションは、着座位置が高く、バスのようだが、ハンドリングは素直。試乗車の走行距離は、7500km余り。スタッフは「前に乗ったクルマはこんなドタバタした乗り心地ではなかった」と証言。ヤレが早いのか?

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2000年11月9日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:7538km
タイヤ:(前)195/65R15 91H/(後)同じ(いずれもMichelin Energy XH1)
オプション装備:-
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(8)
テスト距離:347.6km
使用燃料:31.0リッター
参考燃費:11.2km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。