第246回:MINIコンバーチブル日記(その5)唯一の欠点!? それはパンクした時!

2006.01.06 エッセイ

第246回:MINIコンバーチブル日記(その5)唯一の欠点!? それはパンクした時!

右リアタイヤのサイドウォールがざっくり! こんなことってあるのねぇ……。
第246回:MINIコンバーチブル日記(その5)唯一の欠点!? それはパンクした時!

■あー、やっちゃった……

久々ミニコン日記いきます。というのもパンクしちゃったんですよ、突然。これが結構大変だったんで、やはり報告をば。

とある晴れた日、レースイベントがあったんで筑波サーキットに向かってたんですね。で、レースって早朝集合が多いんで、その日もなんだかんだ夜が遅くて、かなり疲れてて……正直、ボーッとしてました。
そしたらさ。いきなり目の前にアスファルトの塊が! 前のクルマがまたいたんで気づかなかったみたい。

ドタンバタン、ゴロゴロゴロ……。
あー、やっちゃった。ま、最初はちょっとタイヤで踏んで、フロアでも傷つけたくらいかなと思ったところ、しばらく走ってるとステアリングがおかしい。右に取られるのだ。もしやと思い路肩に寄せてみたところ……あぁ、ホントにやっちゃってるよ。
右リアタイヤが見事にパンクしておりました。タイヤ交換かよー、かぁ〜めんどくさ!

こんなふうにテンパータイヤがぶらさがるのです。苦肉の策ですなこりゃ。
こんなふうにテンパータイヤがぶらさがるのです。苦肉の策ですなこりゃ。
くぅ〜、固かった〜。
くぅ〜、固かった〜。

■作業を始めてビックリ

でもさぁ。コンバーチブルってトランク小さいし、だいたいスペアタイヤあったっけ? 見た覚えがないぞ。疑問に思ってみたところ、これがマトモなところに付いてない。トランク下のフロアに細っこくて丸いのがぶら下がってるのだ。しかも取り外すのがめんどくさいことめんどくさいこと。

説明書を読んでやっとわかったんだけど、まずトランクの底の荷物を全部どかし、カバーを外す。そこに出ているネジ頭に専用の棒を取り付け、さらにロックを外すとその棒の先にスペアタイヤがつながっており、俺はその重くなった棒をゆっくり下げてタイヤをおろす。そして再びネジ頭から棒を外し、スペアタイヤを取り出して交換する、と!
こんな手間なの聞いたことあります?

それからね。実は右タイヤホイールが長年の(っていっても1年乗ってないけど)密着のおかげで、ハブにくっついちゃっててホイールナットを緩めても取れない。固着しちゃってるのだ。
くぅ〜これまためんどくさっ!

トランク内には工具と一緒に白いビニール袋が! 最初はなんでこんなのが、って思ったんだけど……。
トランク内には工具と一緒に白いビニール袋が! 最初はなんでこんなのが、って思ったんだけど……。
リアシートはタイヤ様のスペース! まいったぜ。
リアシートはタイヤ様のスペース! まいったぜ。

■白いビニール袋の謎

仕方ないのでBMWのサービスに電話したら、もう1回ホイールナットを締めて、走って前後に動かしてブレーキ踏んだりして揺さぶって、その衝撃で固着を剥がせ! ってさ。ああ、またやり直しかよ……。
繰り返すこと2回。で、やっと取れました。

それからね。一番驚いたのが、外したタイヤを置く場所がないこと。トランクには当然入らないし、スペアとサイズが違うから、同じようにフロアに吊り下げることもできない。
その時、ようやっと白い大きなビニール袋が備え付けてある理由がわかりました。そう、コレに入れてリアシートに置けってことなのね。まったくもー、4人乗ってたらタイヤ捨ててけって言うのかなぁ?

まあ、小さいクルマだし、仕方ないっちゃ仕方ない。でも、大お気に入りのミニコンだけど、唯一の欠点を見つけたような気がしました。こんなんじゃホントにキライにはなんないけどね。俺っていい人だなぁ……って違うか?

(文と写真=小沢コージ/2006年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』