【スペック】全長×全幅×全高=3735×1670×1505mm/ホイールベース=2430mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)/価格=165万9000円(テスト車=202万1250円)

日産マーチ15SR-A(FF/CVT)【試乗記】

時折の気持ちよさのために 2005.12.29 試乗記 日産マーチ15SR-A(FF/CVT)……202万1250円日産マーチをベースにしたホットハッチとしては「12SR」があったが、CVT版の「15SR-A」が加わった。ラクチンなバージョンに操る楽しさは継承されているのか、試乗して検証した。

こっそり作っている!?

小さいボディにアツいエンジンを持ち、絶対的なスピードはたいしたことなくても、この上ない運転の喜びを与えてくれるクルマ。いわゆるホットハッチと呼ばれるジャンルには、今も根強いファンがいる。

「モダンリビング」の旗を高く掲げ、今やすっかりオシャレ派に転向したかに見える日産だが、実は密かにワルの法灯を守り続けている一派があるらしい。クルマ好きにアピールするモデルをこっそり作っているのだ。平和で穏健なコンパクトカー「マーチ」を使ってこしらえた「12SR」は、エンジンをガンガン回して走る楽しみを存分に味あわせてくれる。

すでに生産が終了しているが、「ニスモ」からも「S-tuneコンプリート」と名付けられたチューンド・マーチが発売されていた。ホットなバージョンに仕立て上げるのに、なかなか優れたベースカーであるらしい。

しかし、いかんせんMTを駆使してワインディングロードを駆け抜けるのは、もはやメジャーな行為とはいえない。ホットハッチの雰囲気を保ちながら、ATでラクチンに運転できるモデルを欲しがる人もいる。「15SR-A」は、たぶんそんな需要に応えようとしているのだ。

他グレードと同じエンジン

SRというのはSportとRevolutionを意味し、日産のカスタマイズカーを手がけるオーテックがチューンを施している。12SRが専用にチューンされたエンジンを搭載しているのに対し、15SR-Aに与えられるのは他のグレードにも使われる1.5リッターエンジンだ。

全高がノーマルモデルより20ミリ低められ、ルーフスポイラー、フロントスポイラーなどを装備して空力性能をアップさせている。また、フロントスタビライザー、ショックアブソーバーなどの足まわりの強化、テールクロスバーの採用などによるボディ剛性の強化、15インチの専用アルミホイールとポテンザRE01R(185/55R15)によるグリップと操縦安定性の向上など、改造は多岐にわたる。

室内を見ると、専用のブラックメーターがスポーティな気分をもり立てようとしている。シートももちろん専用で、サポート性のいいバケットタイプのものだ。全体的に黒とグレーでまとめられ、落ち着いた雰囲気となっている。初代12SRのブラック&オレンジの派手な装いとは正反対だから、気恥ずかしい思いを持たずに済む。足元を見ると、ブレーキとアクセルは、R34GTRと同じアルミペダルだ。

少々おとなしい振る舞い

1.5リッターエンジンは、この8月のマイナーチェンジで新たに採用されたものだ。以前の1.4リッターよりも11ps出力をアップさせていて、それなりに力強いから特に不満はない。CVTによって滑らかにスピードが上がっていく。それだけであり、12SRのようにエンジンの能力を目一杯引き出すことに快感を覚えるような場面がないのは当然のことだ。「スイフトスポーツ」のAT版と比べても、少々おとなしい振る舞いに感じられた。

このモデルの価値は、シフトに煩わされずにコーナーでのステアリング操作を楽しみたい人のためのものだろう。さすがにノーマルモデルとは一線を画した仕上がりなのだ。コーナリングで硬質でしっかりしたステアリングフィールが得られるから、ワインディングロードでの安心感はこの上のないものだ。ロールは抑えられているものの、サスペンションに不快な硬さはなく、確乎とした接地感がある。街中や高速道路でも気分よくドライブできるセッティングである。

だから、15SR-Aはホットハッチという名に憧れる向きには、少々物足りなく感じられるかもしれない。マーチは好きだけど、他人と同じというのは気に入らない、という人にはうまくハマるのではないか。汎用エンジンなんて、という声は気にする必要はないだろう。失うものはなく、時折の気持ちよさのための投資だと考えればいいのだ。

(文=NAVI鈴木真人/写真=峰昌宏/2005年12月)



日産マーチ15SR-A(FF/CVT)【試乗記】の画像
【テスト車のオプション装備】
キセノンヘッドランプ+オートライトシステム=7万3500円/プライバシーガラス=3万1500円/特別塗装色=3万1500円/インテリジェントキー+カラードドアハンドル=3万1500円/プラズマクラスターフルオートエアコン=4万7250円/シンプルナビゲーションシステム=14万7000円

【テスト車のオプション装備】キセノンヘッドランプ+オートライトシステム=7万3500円/プライバシーガラス=3万1500円/特別塗装色=3万1500円/インテリジェントキー+カラードドアハンドル=3万1500円/プラズマクラスターフルオートエアコン=4万7250円/シンプルナビゲーションシステム=14万7000円


日産マーチ15SR-A(FF/CVT)【試乗記】の画像


日産マーチ15SR-A(FF/CVT)【試乗記】の画像


日産マーチ15SR-A(FF/CVT)【試乗記】の画像


日産マーチ15SR-A(FF/CVT)【試乗記】の画像
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
ホームへ戻る