「日産ムラーノ」一部改良、期間限定車「アルテ-ロセット」もリリース

2005.12.28 自動車ニュース

「日産ムラーノ」一部改良、期間限定車「アルテ-ロセット」もリリース

日産自動車は、SUV「ムラーノ」を一部改良するとともに、期間限定車「アルテ-ロセット」を設定、2005年12月27日に発売した。

ボディカラーを新色2色を加え全7色とし、またヘッドランプレベライザー(オート)を全車に標準装備するなどした。
価格は、289万3800円から379万6800円まで。

「アート」と「口紅・ルージュ」のイタリア語を合わせたアルテ-ロセットは、生産台数100台、2006年9月末日までの期間限定販売車であり、ムラーノでは同じようなモデル「アルテ・カベルネ」が既にある。
最上級グレード「350XV FOUR」(3.5リッターV6+4WD)を「フレアレッド」でペイント。ワインレッド「カベルネ」色の本革シートや、専用クロームメッキドアモール、電動ガラスサンルーフ、ルーフレール(アルミポリッシュタイプ)などで盛り立てた仕様である。ベース車の40万3200円高、420万円。

(webCG 有吉)

日産自動車「ムラーノ」:
http://www2.nissan.co.jp/MURANO/

関連キーワード:
ムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る