「日産ムラーノ」一部改良、期間限定車「アルテ-ロセット」もリリース

2005.12.28 自動車ニュース

「日産ムラーノ」一部改良、期間限定車「アルテ-ロセット」もリリース

日産自動車は、SUV「ムラーノ」を一部改良するとともに、期間限定車「アルテ-ロセット」を設定、2005年12月27日に発売した。

ボディカラーを新色2色を加え全7色とし、またヘッドランプレベライザー(オート)を全車に標準装備するなどした。
価格は、289万3800円から379万6800円まで。

「アート」と「口紅・ルージュ」のイタリア語を合わせたアルテ-ロセットは、生産台数100台、2006年9月末日までの期間限定販売車であり、ムラーノでは同じようなモデル「アルテ・カベルネ」が既にある。
最上級グレード「350XV FOUR」(3.5リッターV6+4WD)を「フレアレッド」でペイント。ワインレッド「カベルネ」色の本革シートや、専用クロームメッキドアモール、電動ガラスサンルーフ、ルーフレール(アルミポリッシュタイプ)などで盛り立てた仕様である。ベース車の40万3200円高、420万円。

(webCG 有吉)

日産自動車「ムラーノ」:
http://www2.nissan.co.jp/MURANO/

関連キーワード:
ムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る