「日産プレサージュ」、クリーン化

2005.12.28 自動車ニュース

「日産プレサージュ」、クリーン化

日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」を一部改良し、2005年12月27日に発売した。

2.5リッター「QR25DE」エンジン搭載車が、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の認定を取得し、従来からの「平成22年度燃費基準+5%」と合わせ、グリーン税制の優遇措置にさらにメリットがもたらされた。

さらに、オートスライドドアやステアリング木目調加飾、17インチアルミロードホイールなど装備を一部グレードに採用。キセノンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(オート)、ハロゲンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(マニュアル)を標準装備するなどした。

グレード体系と名称が変わり、2.5リッターと3.5リッターの2WD、4WD、全8車種とした。価格は241万5000円から334万9500円まで。

なお、オーテックジャパンによるプレサージュをベースとした「ライダー」シリーズ、福祉車両「ライフケアビークル」は継続設定される。

(webCG 有吉)

日産自動車「プレサージュ」:
http://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/top.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る