日産の燃料電池車「エクストレイルFCV」2005年モデルに進化

2005.12.28 自動車ニュース

日産の燃料電池車「エクストレイルFCV」2005年モデルに進化

日産自動車は、燃料電池車の実験車両「エクストレイルFCV」2005年モデルが国土交通大臣認定を取得、同車の限定リース販売をスタートさせると2005年12月26日に発表した。

日産は、2003年12月から限定リース販売という名の公道実験を開始している。05年モデルは、03年モデルで得たデータを活用するとともに、それまで米国製だった燃料電池スタックを約60%小型化された自社開発のものにするなどした。

車両重量は170kg落とされ1790kg、最高速度は5km/h増の150km/hに。航続距離も20km以上アップし370km以上となった。

なお、燃料となる水素の充填圧力を倍の70Mpaとした車両も開発中で、こちらは航続距離が従来比の1.4倍、500km以上。2006年2月にカナダで公道実験を行う予定という。

(webCG 有吉)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

日産の燃料電池車「エクストレイルFCV」2005年モデルに進化の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オーテック30周年記念車を写真で紹介 2016.9.12 画像・写真 オーテックの30周年を記念して、「日産エクストレイル モード・プレミア」「日産セレナ ライダー」「日産エルグランド ライダー」に、それぞれ「“AUTECH 30th Anniversary”」モデルが登場。3台の姿を写真で紹介する。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • オーテック30周年を記念した「エクストレイル」が登場 2016.8.9 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、SUV「エクストレイル」のカスタマイズモデル「モード・プレミア」に、同社の創立30周年を記念する特別仕様車「AUTECH 30th Anniversary」を設定し、2016年8月9日に発売した。
  • 数字で検証! 「日産エクストレイル」バイヤーズガイド
    2016.6.30 特集 数多のモデルがしのぎを削る国産ミドルサイズSUVのなかでも、随一の人気を誇る「日産エクストレイル」。そんな人気SUVの、日常使いにおける使い勝手はいかほどか? 購入や維持に関わるあれこれとともに、“走り以外”の実力を調べ尽くす。
  • 日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】 2015.9.9 試乗記 日産を代表するSUV「エクストレイル」に試乗。新たにラインナップされたハイブリッドモデルの燃費性能と、これまで以上に磨き上げたとされる3代目のオフロード走破性を確かめた。
ホームへ戻る