第244回:ケータイカーナビ勝手にテスト!もしやヒストリックカーにオススメかも!?

2005.12.28 エッセイ

第244回:ケータイカーナビ勝手にテスト!もしやヒストリックカーにオススメかも!?

■データ量は劣るけど……

全くもって宣伝じゃないんだけど、最近、auの『EZ助手席ナビ』っつうのを使う機会がありました。ようするにケータイにナビ機能が付いてるわけです。テレビCMでも流れてるし、気になっている人も多いはず。とりあえず使い勝手のご報告をいたしましょう。

リクツは簡単。最近のケータイってGPS機能が付いてるでしょ? 子供が持ってる時なんかに、位置確認ができるようにって。ま、常にダンナの位置を把握しておきたい! って奥さんもいるんだろうけど……。もともとそういう機能がついているおかげで、地図データを通信で読み込み、モニター上でGPSデータと組み合わせるだけで、見事カーナビになるというワケ。

でもまあ、しょせんはケータイ。モニターは小さいし、地図データも詳しすぎると重くなって困るはず。きっと使えないでしょうと思ったところ……。こ、これが案外使えるんだなぁ。もちろん地図は小さく、字も読みづらい。しかし最新型の携帯はそれなりに画面も大きいし、解像度が高くてそれなりに読める。それに意外と正しく、目的地まで誘導してくれるのだ。
たとえば先日、新潟県奥只見丸山スキー場に行った時は、ほぼ目的地手前まで案内してくれたし、取材で厚木の東京R&Dに行った時は、社名検索はできなかったけど、住所検索はできた。ただし、同じく厚木にある日産テクニカルセンターに行こうとした時は、住所すら載ってませんでしたけど。

■クルマに付けたくないけど必要な人へ

なにより最大の欠点は、位置確認や移動中の画面変化が遅いこと。移動中は1、2秒ごとにコマ送り状態で画面が変わるし、最初の携帯の位置確認や目的地検索なんてになると、時によっては次の画面が出てくるまでに10秒以上かかったりする。

また目的地の近くになると、ちょっと手前で最終案内を止めちゃったり、決して完璧ではない。データ量、使い勝手、親切さではさすがに普通のカーナビにはかないません。
正直、フツーのナビと完璧タメ張れる! と思うのは大間違いですね。

ただねぇ。俺のロールスがそうなんだけど、古いクルマ、特にヒストリックカーユーザーにはいいと思ったなぁ。最新式ナビは古いクルマに付けにくいだけでなく、カッコ悪いから積極的には付けたくないわけ。俺のポルシェ911にしても、インパネ形状が平らじゃないから、オーディオ代わりに付けようとするとモニターが下を向き、全く機能しない。要するにナビを付けたくても付けられない、もしくはあえて付けたくない人には有効。お手軽な“補助的ナビ”としてはオススメなのだ。

それに完璧すぎないところが逆にいいって人もいる。「優れたカーナビばかり頼ってると、頭がバカになるし、地図を読めなくなる」というのだ。そういう点でも適当な性能だと思う。

あと、勘のいい野性的ドライバーならば、助手席の人にいちいち案内してもらわなくても、音声案内だけを頼りに目的地にたどり着くこともできるし、いろんな意味で便利。金額的にも機種はauのWIN機能なるものが付いてる端末ならば何でもOKで、月額使用料もパケット通信し放題のダブル定額に入っておけば、あとは315円と安い。一度試してみる手はあると思いましたね、マジで。

(文と写真=小沢コージ/2005年12月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』