「サーブ9-3カブリオレ」2006年モデルに2.8リッターターボ

2005.12.27 自動車ニュース
 

「サーブ9-3カブリオレ」2006年モデルに2.8リッターターボ

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、サーブのオープンモデル「9-3カブリオレ」の2006年モデルを、2005年12月26日に発売した。

 

これまで3種類の2リッターターボだけだったが、これに新しいオールアルミ製2.8リッターV6ターボ(250ps)を加えた。トランスミッションは6段ATを組み合わせ、上級グレード「エアロ」(629.0万円)として設定。従来からの2リッター直4ハイプレッシャーターボ(209ps)を載せた「ヴェクター」(560.0万円)との2本立てとした。

なお、基本は右ハンドルで、左ハンドル仕様は受注生産となる。

(webCG 有吉)

 

サーブ:
http://www.saab.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-3 カブリオレ エアロ(5AT)【試乗記】 2004.12.9 試乗記 サーブ9-3 カブリオレ エアロ(5AT)
    ……570万円

    バブル時代に一世を風靡した「900」以来、サーブのオープンモデルは独特な魅力を持ち続けている。その伝統を受け継ぐ「9-3カブリオレ」に、『SUPER CG』編集長の伊東和彦が乗った。


  • サーブ9-3カブリオレ エアロ2.0T(5AT)【海外試乗記】 2003.9.13 試乗記 サーブ9-3カブリオレ エアロ2.0T(5AT)

    北欧の小さなプレミアムカーメーカー、サーブ。フルモデルチェンジを果たした「9-3スポーツセダン」に続き、そのオープンモデルをリリースした。端正な「9-3カブリオレ」に、ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • サーブ 9-3 2.0tカブリオレ(4AT)【ブリーフテスト】 2002.2.8 試乗記 ……495.0万円
    総合評価……★★★★




  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】 2017.2.28 試乗記 レンジローバーの走破性能の高さは誰もが知るところ。今回の舞台はスノーロード、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に雪上で試乗した。併せて、「レンジローバー オートバイオグラフィー」と「ジャガーFペース」にも試乗した。
ホームへ戻る