日産、「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「オッティ」を一部改良

2005.12.26 自動車ニュース
 

日産、「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「オッティ」を一部改良

日産自動車は、ハッチバック「ティーダ」とセダン「ティーダ・ラティオ」、軽自動車「オッティ」を一部改良し、2005年12月21日に発売した。

 

ティーダとティーダ・ラティオでは、1.8リッターモデルが1.5リッター車同様に「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定を取得。「平成22年度燃費基準」とあせて、グリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。
また、法規に従いハロゲンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(マニュアル)を標準装備するなどした。
ティーダが145万9500円から191万1000円まで、ティーダ・ラティオは132万3000円から190万500円まで。

オッティ、つまり「三菱eKワゴン」のOEMモデルは、eKワゴンと同様にエアコンフィルター消臭機能を全車に追加。一部グレードにリアスピーカーを標準で与えるなどした。96万750円から146万3700円まで。

なお、オーテックジャパンによる3車の福祉車両「ライフケアビークル」も引きつづき販売される。

(webCG 有吉)

 

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

関連キーワード:
ティーダラティオオッティティーダ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
ホームへ戻る