「日産ノート」一部改良、車内をリフレッシュ

2005.12.26 自動車ニュース

「日産ノート」一部改良、車内をリフレッシュ

日産自動車は、ハッチバック「ノート」を一部改良し、2005年12月22日に発売した。

シートとドアトリムクロスを一新し、インストルメントパネルに新素材を採用、車内をリフレッシュした。
さらにハロゲンヘッドランプを光輝タイプに変更。法規に従いヘッドランプレベライザーを全車に設定するなどした。
価格は128万7300円から162万3300円まで。

オーテックジャパンによる「ライダー」でも変更を実施。専用アルミロードホイールを光輝タイプに、「iPod」アダプター付専用HDDナビゲーションシステムをオプション設定するなどした。また福祉車両「ライフケアビークル」も引きつづき販売される。

(webCG 有吉)

日産自動車「ノート」:
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/
E11/0501/CONCEPT/main1.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る