新型「トヨタbB」発売、ついにクルマは“音楽プレーヤー”になった!?

2005.12.26 自動車ニュース

新型「トヨタbB」発売、ついにクルマは“音楽プレーヤー”になった!?

トヨタ自動車は、コンパクトワゴン「bB」をフルモデルチェンジし、2005年12月26日に発売した。

■走る、というより停まって使える

「ヴィッツ」兄弟の派生、「ブラックボックス」こと初代bBのデビューは2000年2月。「トールボックスデザイン」と呼ばれる箱型スタイルを纏った、トヨタにしてはかなり奇抜な若者向けワゴンが、さらに刺激的な姿・内容になって2代目へと進化した。

キーワードは「クルマ型Music Player」。「トヨタ、ミュージックプレーヤー発売」という謎の事前告知は、実はニューbBだったというオチである。
広報資料には、「移動手段としてのクルマの機能をメインに捉えるのではなく、音楽を思う存分楽しめることができるプレーヤーと考えることで、停車中は“ただの箱”だった自動車の宿命をくつがえせるならば、クルマ離れが進む若者の価値観を確実に刺激できるはず」と記される。
つまり、旧来の「走る・曲がる・止まる」という動体としてのジドウシャを、停まって使えるというコンセプトを前面に出すことで“Music Player”としてしまったわけだ(なんと大胆!?)。

3つの商品ポイントの「音」は9つのスピーカー、「光」はカップホルダーやドアトリムなど各所のイルミネーション、そして「まったり」はシートが下がって車外から見えない部分でくつろげる「マッタリモードシート」がそれぞれ担う。

エンジンは1.3リッターと1.5リッターの直4VVT-i。これに4段ATを組み合わせ、前輪か四輪を駆動する。
価格は134.4万円から184.8万円まで。月販目標台数を5000台に設定する。

■音と光で攻められ、まったりとくつろぐ

生産工場はダイハツ工業本社の池田工場、つまりベースはトヨタ最小車かつ「ダイハツ・ブーン」兄弟車の「パッソ」。ボディサイズは、全長×全幅×全高=3785×1690×1635mmと、145mmも短く、5mm低くなったいっぽうで、ホイールベースは40mm長くなり2540mmとなった。

先代の箱っぽいエクステリアは、さらに輪をかけて個性的に。「退屈な日常を挑発していくようなイカツイスタイル」を目指したとかで、フロントグリルはねじれ、バンパー周辺は大きく弧を描き、サイドビューは切れ上がり、アニメの世界から出てきたような出で立ちだ。

車内に入れば、音と光で攻められる。まずは360度サウンドに包囲されるという音響機能であるが、左右フロントドアスピーカーはもちろん、インパネツィーターやパワードサブウーハー、リアダクトスピーカー、フロントピラーツィーターら9つのスピーカーから音のシャワーを放出。ライブやBGMなど4つのオーディオモードを選択でき、操作はアームレストにある円盤状のコントローラーで……と読めば本当に音楽プレーヤーかと思ってしまう。

車内とスピーカー部には最上級グレードで11箇所のイルミネーションを用意。スピーカー部では音楽に連動して光が変化し、「まるでライブハウスやクラブにいるような効果を生み出します」と謳われる。

外界からの視線を気にしてどうやってくつろげるか、といわんばかりの仕掛けがフロントシート。前席をもっとも後ろにスライドさせ、シート内側のボタンを押しながらレバーを引くと、座面が約80mm沈み込み、さらに約25度リクラインすれば「シートはカウチソファのようになるため、身体は外から見えなくなります」。若者がよく使う「まったり」という表現にあやかり「マッタリモード」と名付けられる。

もちろん、6:4分割可倒式リアシートとの組み合わせで、荷室を最大化したりフラットにしたり長尺物をしまえたりとアレンジができる。

1.3リッター「K3-VE型」ユニットはパッソと同じ型だが、アウトプットは92ps、12.5kgmと若干値が異なる。新開発された1.5リッター「3SZ-VE型」は、109ps、14.4kgmを発生する。
サスペンションは前マクファーソンストラット式、後トーションビーム式(4WDは3リンク)とパッソと同型である。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「bB」:
http://toyota.jp/bb/


トヨタ自動車の渡辺捷昭社長と新しくなった「bB」


各所にスピーカーとイルミネーションを配置。オーディオ操作は円盤状のコントローラー、とまるでクラブのような車内。ちなみに“クラブ”の発音は語尾下がりではない、と思われる。


前席が沈んで車外から見えなくなる「マッタリモードシート」。ちなみに“まったり”とは、京都弁で「とろんとした穏やかな口当たり」という食感をあらわす言葉だったが、昨今の若者の間では「のんびりとした」気分や状態を表現する語として使われている、らしい。


円形のアームレストコントローラーは、携帯音楽プレーヤーのそれそのもの!?


ラゲッジスペースの下には、デッキアンダーボックスを設けた。







この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

bBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る