「スバル・フォレスター」一部改良、特別仕様車も

2005.12.26 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」一部改良、特別仕様車も

富士重工業は、SUV「スバル・フォレスター」を一部改良するとともに、特別仕様車「AIRBREAK」を設定、2005年12月22日に発売した。

法規にあわせ、ヘッドランプレベライザーを標準装備。さらにサスペンション特性の変更などにより操縦安定性と乗り心地の向上を図った。
197万4000円から315万円まで。

特別仕様車は、「2.0X」(2リッターSOHC+4AT)をベースに、大型ガラスサンルーフ、ファブリックと本革を組み合わせたベージュ色の専用シート、フルオートエアコン、HDDナビゲーションシステムなどを盛り込んだ内容だ。ベースモデルより23万1000円高い、225万7500円。

(webCG 有吉)


富士重工業「フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【海外試乗記】 2017.6.6 試乗記 2代目となる新型「MINIクロスオーバー」に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「クーパーS E ALL4」が登場。1.5リッター直3ターボエンジンと電動モーターが織り成す走りを、スペイン・バルセロナで試した。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る