「スバル・フォレスター」一部改良、特別仕様車も

2005.12.26 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」一部改良、特別仕様車も

富士重工業は、SUV「スバル・フォレスター」を一部改良するとともに、特別仕様車「AIRBREAK」を設定、2005年12月22日に発売した。

法規にあわせ、ヘッドランプレベライザーを標準装備。さらにサスペンション特性の変更などにより操縦安定性と乗り心地の向上を図った。
197万4000円から315万円まで。

特別仕様車は、「2.0X」(2リッターSOHC+4AT)をベースに、大型ガラスサンルーフ、ファブリックと本革を組み合わせたベージュ色の専用シート、フルオートエアコン、HDDナビゲーションシステムなどを盛り込んだ内容だ。ベースモデルより23万1000円高い、225万7500円。

(webCG 有吉)


富士重工業「フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る