「スバル・フォレスター」一部改良、特別仕様車も

2005.12.26 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」一部改良、特別仕様車も

富士重工業は、SUV「スバル・フォレスター」を一部改良するとともに、特別仕様車「AIRBREAK」を設定、2005年12月22日に発売した。

法規にあわせ、ヘッドランプレベライザーを標準装備。さらにサスペンション特性の変更などにより操縦安定性と乗り心地の向上を図った。
197万4000円から315万円まで。

特別仕様車は、「2.0X」(2リッターSOHC+4AT)をベースに、大型ガラスサンルーフ、ファブリックと本革を組み合わせたベージュ色の専用シート、フルオートエアコン、HDDナビゲーションシステムなどを盛り込んだ内容だ。ベースモデルより23万1000円高い、225万7500円。

(webCG 有吉)


富士重工業「フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る