究極の走りを求めて……320psのインプレッサ「S204」発売

2005.12.26 自動車ニュース

究極の走りを求めて……320psのインプレッサ「S204」発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、独自の仕様、装備を施した「S204」を、2006年1月13日に発売する。




「S204」は、2005年1月に発売された「S203」のコンセプトを継承したSTIいうところの「グローバルピュアスポーツセダン」だ。2000年に登場した「S201」、2002年の「S202」を含めて、今回が第4弾目。インプレッサWRX STIをベースに、STIがこれまでWRC(世界ラリー選手権)などのモータースポーツ活動で培ってきたノウハウを活かした独自の仕様、装備を施したモデルという。

2リッター水平対向4気筒エンジンは、専用の大型ツインスクロールターボ、低背圧チタンマフラーなどを採用するとともに、これにあわせた過給圧制御の最適化などを実施。その結果、最高出力こそ320ps/6400rpmでS203と変わらないが、トルクは1.0kgm上回り、44.0kgm/4400rpmの最大トルクを得た。

足回りは、リニアな操舵感を実現するというパフォーマンスダンパーをはじめ、専用の減衰力特性を持つストラットや強化スプリング、ピロボール式リアサスペンションリンクなどを採用し、高いエンジン出力に対応しながら、優れた路面追従性としっかり感のある乗り味を両立したという。

また、ドライカーボン製フロントアンダースカート&スカートリップ、リアウイングスポイラー、BBS製の18インチ鍛造アルミホイールを装備。STIとレカロ社で共同開発した専用ドライカーボン製リクライニング機構付きフロントバケットシートも備わる。
ボディカラーは、「クリスタルグレー・メタリック」「オブシディアンブラック・パール」「WRブルー・マイカ」の3色だ。

価格は、ベース車プラス140.7万円の、480.9万円。600台限定の受注生産となる。

(webCG 田中)

スバルテクニカインターナショナル「S204」:
http://www.subaru-sti.co.jp/s204/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る