究極の走りを求めて……320psのインプレッサ「S204」発売

2005.12.26 自動車ニュース

究極の走りを求めて……320psのインプレッサ「S204」発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、独自の仕様、装備を施した「S204」を、2006年1月13日に発売する。




「S204」は、2005年1月に発売された「S203」のコンセプトを継承したSTIいうところの「グローバルピュアスポーツセダン」だ。2000年に登場した「S201」、2002年の「S202」を含めて、今回が第4弾目。インプレッサWRX STIをベースに、STIがこれまでWRC(世界ラリー選手権)などのモータースポーツ活動で培ってきたノウハウを活かした独自の仕様、装備を施したモデルという。

2リッター水平対向4気筒エンジンは、専用の大型ツインスクロールターボ、低背圧チタンマフラーなどを採用するとともに、これにあわせた過給圧制御の最適化などを実施。その結果、最高出力こそ320ps/6400rpmでS203と変わらないが、トルクは1.0kgm上回り、44.0kgm/4400rpmの最大トルクを得た。

足回りは、リニアな操舵感を実現するというパフォーマンスダンパーをはじめ、専用の減衰力特性を持つストラットや強化スプリング、ピロボール式リアサスペンションリンクなどを採用し、高いエンジン出力に対応しながら、優れた路面追従性としっかり感のある乗り味を両立したという。

また、ドライカーボン製フロントアンダースカート&スカートリップ、リアウイングスポイラー、BBS製の18インチ鍛造アルミホイールを装備。STIとレカロ社で共同開発した専用ドライカーボン製リクライニング機構付きフロントバケットシートも備わる。
ボディカラーは、「クリスタルグレー・メタリック」「オブシディアンブラック・パール」「WRブルー・マイカ」の3色だ。

価格は、ベース車プラス140.7万円の、480.9万円。600台限定の受注生産となる。

(webCG 田中)

スバルテクニカインターナショナル「S204」:
http://www.subaru-sti.co.jp/s204/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る