究極の走りを求めて……320psのインプレッサ「S204」発売

2005.12.26 自動車ニュース

究極の走りを求めて……320psのインプレッサ「S204」発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、独自の仕様、装備を施した「S204」を、2006年1月13日に発売する。




「S204」は、2005年1月に発売された「S203」のコンセプトを継承したSTIいうところの「グローバルピュアスポーツセダン」だ。2000年に登場した「S201」、2002年の「S202」を含めて、今回が第4弾目。インプレッサWRX STIをベースに、STIがこれまでWRC(世界ラリー選手権)などのモータースポーツ活動で培ってきたノウハウを活かした独自の仕様、装備を施したモデルという。

2リッター水平対向4気筒エンジンは、専用の大型ツインスクロールターボ、低背圧チタンマフラーなどを採用するとともに、これにあわせた過給圧制御の最適化などを実施。その結果、最高出力こそ320ps/6400rpmでS203と変わらないが、トルクは1.0kgm上回り、44.0kgm/4400rpmの最大トルクを得た。

足回りは、リニアな操舵感を実現するというパフォーマンスダンパーをはじめ、専用の減衰力特性を持つストラットや強化スプリング、ピロボール式リアサスペンションリンクなどを採用し、高いエンジン出力に対応しながら、優れた路面追従性としっかり感のある乗り味を両立したという。

また、ドライカーボン製フロントアンダースカート&スカートリップ、リアウイングスポイラー、BBS製の18インチ鍛造アルミホイールを装備。STIとレカロ社で共同開発した専用ドライカーボン製リクライニング機構付きフロントバケットシートも備わる。
ボディカラーは、「クリスタルグレー・メタリック」「オブシディアンブラック・パール」「WRブルー・マイカ」の3色だ。

価格は、ベース車プラス140.7万円の、480.9万円。600台限定の受注生産となる。

(webCG 田中)

スバルテクニカインターナショナル「S204」:
http://www.subaru-sti.co.jp/s204/

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る