スバル・レガシィ、お馴染みの稲妻「Blitzen 2006 MODEL」発売

2005.12.26 自動車ニュース
 

スバル・レガシィ、お馴染みの稲妻「Blitzen 2006 MODEL」発売

富士重工業の車両カスタマイズ会社、スバルカスタマイズ工房は、「スバル・レガシィ」の「ツーリングワゴン」および「B4」に、富士重工業と欧州デザイン会社で共同開発した外装部品などを装着したモデル「Blitzen 2006 MODEL」を、2005年12月19日に発売した。


【写真上】「レガシィ・ツーリングワゴン」
【写真下】「レガシィB4」
 

2000年2月の登場以来、すっかりお馴染みとなった“稲妻”こと「Blitzen(ブリッツェン)」。今回のモデルでは、18インチタイヤやビルシュタイン製サスペンションなどを装備したレガシィ・ツーリングワゴンおよびB4の「2.0GT spec.B」をベースに、エクステリア、インテリアに専用の仕様装備を施すなどし、独自のスポーツ性と存在感を表現したという。

歴代の専用外装色である「プレミアムレッド」、フロントシートに「Blitzen」ロゴをあしらったパールブラック色の専用本革シートなどを採用し、さらにピラートリム、ルーフトリム、オーディオパネルなどをブラックで統一した。

2006年3月までの期間限定販売で、価格は以下のとおり。
「ツーリングワゴン」:372万7500円(5MT)/380万1000円(5AT)
(ベースモデルプラス54万6000円)
「B4」:354万9000円(5MT)/362万2500円(5AT)
(同プラス52万5000円)

(webCG 田中)


富士重工業「スバル・レガシィ」:
http://www.subaru.co.jp/legacy/index.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る