「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も

2005.12.22 自動車ニュース

「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」に新グレード「I 'll(アイル)」を追加設定するとともに、一部改良を実施し、2005年12月19日に発売した。

1リッター、1.3リッター各車の上級グレードとなる「ヴィッツI 'll」。専用のフロントグリルやリアエンブレムなどでお化粧し、車内には本革&スエード調ファブリックのシートやスエード調ファブリックのドアトリム表皮、本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどを与え、上質感の演出を図った。
価格は、1リッター+FFモデルが136.5万円、1.3リッターのFFが144.9万円、4WDは161.7万円となる。

そのほかの改良では、対向車への眩惑を少なくするという光軸調整用マニュアルレベリング機能付きマルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムなど装備を追加するなどした。
105.0万円から161.7万円まで。同時に、福祉車両「ウェルキャブ」もベース車と同様の改良を施してリリースした。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ヴィッツ」:
http://toyota.jp/vitz/index.html

「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良もの画像

「ヴィッツI’ll」

「ヴィッツI’ll」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る