「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も

2005.12.22 自動車ニュース

「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」に新グレード「I 'll(アイル)」を追加設定するとともに、一部改良を実施し、2005年12月19日に発売した。

1リッター、1.3リッター各車の上級グレードとなる「ヴィッツI 'll」。専用のフロントグリルやリアエンブレムなどでお化粧し、車内には本革&スエード調ファブリックのシートやスエード調ファブリックのドアトリム表皮、本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどを与え、上質感の演出を図った。
価格は、1リッター+FFモデルが136.5万円、1.3リッターのFFが144.9万円、4WDは161.7万円となる。

そのほかの改良では、対向車への眩惑を少なくするという光軸調整用マニュアルレベリング機能付きマルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムなど装備を追加するなどした。
105.0万円から161.7万円まで。同時に、福祉車両「ウェルキャブ」もベース車と同様の改良を施してリリースした。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ヴィッツ」:
http://toyota.jp/vitz/index.html

「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良もの画像

「ヴィッツI’ll」

「ヴィッツI’ll」

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース