「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も

2005.12.22 自動車ニュース

「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」に新グレード「I 'll(アイル)」を追加設定するとともに、一部改良を実施し、2005年12月19日に発売した。

1リッター、1.3リッター各車の上級グレードとなる「ヴィッツI 'll」。専用のフロントグリルやリアエンブレムなどでお化粧し、車内には本革&スエード調ファブリックのシートやスエード調ファブリックのドアトリム表皮、本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどを与え、上質感の演出を図った。
価格は、1リッター+FFモデルが136.5万円、1.3リッターのFFが144.9万円、4WDは161.7万円となる。

そのほかの改良では、対向車への眩惑を少なくするという光軸調整用マニュアルレベリング機能付きマルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムなど装備を追加するなどした。
105.0万円から161.7万円まで。同時に、福祉車両「ウェルキャブ」もベース車と同様の改良を施してリリースした。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ヴィッツ」:
http://toyota.jp/vitz/index.html

「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良もの画像

「ヴィッツI’ll」

「ヴィッツI’ll」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る