【F1 2005】スーパー・アグリ、全10チームが再申請にOK

2005.12.22 自動車ニュース

【F1 2005】スーパー・アグリ、全10チームが再申請にOK

2006年シーズンにF1参戦を目論む鈴木亜久里率いるスーパー・アグリ・フォーミュラワンは、2005年12月21日、国際自動車連盟(FIA)への再申請に必要な全10チームの了解を得ることができたと発表した。

12月1日、FIAに申請を却下されたスーパー・アグリは、直後に再度申請を出すことを表明。これには既存全チームの承認が必要とされたため、以後は各チームの出方に注目が集まった。

もっとも難色を示したのはミッドランド(元ジョーダン)。コンストラクターズチャンピオンシップでスーパー・アグリがミッドランドを上回る結果を残した場合、ミッドランドは来季、旅費などの補助金が受けられなくなってしまうからというのがその理由というが、F1を牛耳るバーニー・エクレストンが説得に当たり、何らかのインセンティブが得られたことで承諾に至ったといわれている。

今後スーパー・アグリは再申請し、参戦へのゴーサインを待つことになる。

鈴木亜久里チーム代表は、「今回のF1世界選手権への再申請にあたり、各チームが暖かく私たちを迎え入れてくれたことに深く感謝いたします。今後も皆様の期待を裏切らないよう、チーム一丸となって邁進して行きますので、今後ともさらなるご支援をお願いいたします」とコメントしている。

なお、英国リーフィールドのファクトリーでは、元アロウズ・チームの旧型「A23」をベースにした暫定マシンがつくられており、開幕戦から数戦はこのマシンでしのぐつもりといわれている。ニューマシンの投入はヨーロッパラウンドに入ってからとなる見込み。

気になるドライバーラインナップだが、引きつづき佐藤琢磨が有力視されている。

(webCG 有吉)

【関連記事】
【F1 2005】スーパー・アグリ、2006年エントリーリストに載らず、再度申請へ
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017535.html
【F1 2005】FIA、2006年のF1エントリーリスト公表、数々の新しい名前が
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017536.html
【F1 2005】亜久里、F1に再挑戦、「スーパー・アグリ・フォーミュラワン」で参戦表明
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017420.html
【F1 2005】F1に新興チーム?ドライバーはタクマ?エンジンはホンダ?
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017230.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。