「キャデラックSTS 4.6」2006年モデル発売、よりお買い得に

2005.12.19 自動車ニュース

「キャデラックSTS 4.6」2006年モデル発売、よりお買い得に

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、「キャデラックSTS 4.6」の2006年モデルを、2006年1月7日に発売する。

主な変更は、オプション「ラグジュアリーパッケージ」の専用装備だったフロント・シートクーラーを全グレードで標準装備としたこと。
また装備内容を充実させた「ラグジュアリーパッケージ」では、電動サンルーフ、リア・シートヒーターに加え、新たに、肌触りのよいイタリア・トスカーナ産の高級レザーをシート表皮に採用し、いっそう上質感を高めたという。

ボディカラーは、新色のスペクトルレッド、ブラックベリー、ラジアントブロンズを追加し、全8色となった。

価格は37.0万円下がり、後輪駆動(RWD)が788.0万円、全輪駆動(AWD)は828.0万円。「ラグジュアリーパッケージ」は33.0万円高。なお、全輪駆動車は受注生産となる。

(webCG 田中)

キャデラック「STS」:
http://www.cadillac.co.jp/lineup/sts/index.html

「キャデラックSTS 4.6」2006年モデル発売、よりお買い得にの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る