おしゃれと経済性がポイント、ダイハツの新型軽「エッセ」デビュー

2005.12.19 自動車ニュース

おしゃれと経済性がポイント、ダイハツの新型軽「エッセ」デビュー

ダイハツ工業は、新しい軽乗用車「エッセ」を、2005年12月19日に発売した。




■「贅沢とは違う、さりげないこだわり」

今年10月の第39回東京モーターショーに出展された「エッセ」がリリースされた。
ベーシックなトランスポーターとしての軽に、「贅沢とは違う、さりげないこだわり」というエッセンスを加えた、「シンプルでおしゃれなカジュアルミニ」がコンセプト。これに低燃費、低価格による経済性をあわせてセリングポイントとする。




エンジンは658ccの直3DOHCユニット、駆動方式はFFと4WDを用意。トランスミッションは、FFの最廉価モデルに5段マニュアルを設定、そのほかは3段ATを中心に、上級グレードには4段オートマチックを組み合わせる。
価格は68万2500円から106万500円まで。月の目標販売台数を5000台とする。


“自然の色”をイメージしたという5色のボディカラーには、インテリアの一部が同色になる「ハーモニーインテリア」が採用される。

■5MTでリッター26.0km

全長×全幅×全高=3395×1475×1470mm、ホイールベース=2390mm。つまり、全高が30mm高くなれば、「ミラ」と同じサイズとなる。シンプルさを謳う台形フォルムを纏った、4ドア+テールゲイトのボディが特徴だ。

インテリアは、ボディ同様に淡い色のトリムを採用し、センターメーターを配した、これまた簡素、否、シンプルなつくり。ドアは約90度開き乗降性に配慮。マイナスイオンが出る機能や大型センターコンソールトレイなどが用意される。




エンジンは新しい「KF-VE型」で、58ps、6.6kgmというアウトプット。触媒技術などによりクリーン化が図られ、全車グリーン税制に適合、新車購入時に自動車取得税 (2WD車は9000円、4WD車は6000円)が減税される。
燃費は10・15モードで5MTが26.0km/リッター、FFの4ATで22.0km/リッターという。

(webCG 有吉)


エッセのテレビCMに出演する黒木瞳さん。自身の生活においても、エッセのキャッチフレーズである「シンプルビューティ」を意識しているとのこと。

ダイハツ工業「エッセ」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/esse/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る