おしゃれと経済性がポイント、ダイハツの新型軽「エッセ」デビュー

2005.12.19 自動車ニュース

おしゃれと経済性がポイント、ダイハツの新型軽「エッセ」デビュー

ダイハツ工業は、新しい軽乗用車「エッセ」を、2005年12月19日に発売した。




■「贅沢とは違う、さりげないこだわり」

今年10月の第39回東京モーターショーに出展された「エッセ」がリリースされた。
ベーシックなトランスポーターとしての軽に、「贅沢とは違う、さりげないこだわり」というエッセンスを加えた、「シンプルでおしゃれなカジュアルミニ」がコンセプト。これに低燃費、低価格による経済性をあわせてセリングポイントとする。




エンジンは658ccの直3DOHCユニット、駆動方式はFFと4WDを用意。トランスミッションは、FFの最廉価モデルに5段マニュアルを設定、そのほかは3段ATを中心に、上級グレードには4段オートマチックを組み合わせる。
価格は68万2500円から106万500円まで。月の目標販売台数を5000台とする。


“自然の色”をイメージしたという5色のボディカラーには、インテリアの一部が同色になる「ハーモニーインテリア」が採用される。

■5MTでリッター26.0km

全長×全幅×全高=3395×1475×1470mm、ホイールベース=2390mm。つまり、全高が30mm高くなれば、「ミラ」と同じサイズとなる。シンプルさを謳う台形フォルムを纏った、4ドア+テールゲイトのボディが特徴だ。

インテリアは、ボディ同様に淡い色のトリムを採用し、センターメーターを配した、これまた簡素、否、シンプルなつくり。ドアは約90度開き乗降性に配慮。マイナスイオンが出る機能や大型センターコンソールトレイなどが用意される。




エンジンは新しい「KF-VE型」で、58ps、6.6kgmというアウトプット。触媒技術などによりクリーン化が図られ、全車グリーン税制に適合、新車購入時に自動車取得税 (2WD車は9000円、4WD車は6000円)が減税される。
燃費は10・15モードで5MTが26.0km/リッター、FFの4ATで22.0km/リッターという。

(webCG 有吉)


エッセのテレビCMに出演する黒木瞳さん。自身の生活においても、エッセのキャッチフレーズである「シンプルビューティ」を意識しているとのこと。

ダイハツ工業「エッセ」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/esse/

関連キーワード:
エッセダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースX(FF/CVT)【試乗記】 2011.10.24 試乗記 ダイハツ・ミラ イースX(FF/CVT)
    ……99万5000円

    話題の新型軽「ダイハツ・ミラ イース」に試乗。自慢の燃費性能から走りまで、その実力をリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る