マツダ、17台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品【東京オートサロン06】

2005.12.16 自動車ニュース
 
【東京オートサロン2006】マツダ、17台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品

【東京オートサロン06】マツダ、17台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品

マツダは、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2006 with NAPAC」(1月13日から15日まで)に、2006年春発売予定の新型「MPV」に市販予定の用品を装着した「MPVマツダスピードパッケージ」や、「ロードスター」のコンセプトモデルを含む、17台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品する。


【写真上】「MPVマツダスピードパッケージ」
【写真下】「ロードスター・サーキットトライアル」
 
【東京オートサロン2006】マツダ、17台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品

■「MPV」も3代目

注目の一台「MPVマツダスピードパッケージ」は、来春発売を予定している新しい3代目MPVを、「Urban Gran Turismo」コンセプトにもとづきデザインしたという「スタイリッシュミニバンGT」。カーボングレー色のラインをフロント、サイド、リア、リアルーフに配することで「マツダスピードらしさ」を表現するなどした。
また、風洞実験を経て前後のリフトバランスをセットアップするなど空力デバイスを最適化、シャープなハンドリングの実現に貢献しているという。
さらに、専用マフラーは加速騒音規制に対応させた上で、スポーティな排気音にこだわったサウンドチューニングを施した。

■「ロードスター」エンスー仕様

「ロードスター・サーキットトライアル」は、ライトウェイトオープンスポーツカーのエンスージアストに向けたフルカスタマイズモデルとか。自動車用品店オートバックスのオリジナルカスタマイズモデル「monoCRAFT MH1」を、さらにカスタマイズしたものだ。やわらかな弧を描くフェンダーなどにより、レトロでありながら辛口の50'sウィークエンドレーサーのイメージを醸し出すロードスターに仕上がっているという。
なお、「monoCRAFT MH1」は、東京オートサロンのオートバックスグループブースにて車両展示され、2006年1月14日から全国のオートバックスC@RS-SHOW店舗において販売を予定する。販売予定価格は、ベース車プラス60万円で280万円から320万円までという。


「アクセラスポーツGIALLA」
 
【東京オートサロン2006】マツダ、17台のドレスアップ・カスタマイズカーを出品

マツダはそのほかにも、マツダスピード用品を装着したカスタマイズモデルや、人気ブランドである「KENSTYLE(ケンスタイル)」「DAMD(ダムド)」「GIALLA(ジアラ)」とのコラボレーションモデルなどを出品する。

さらに会場では、スーパーGT選手権などで人気の脇阪寿一選手によるトークショーを開催。マツダ車をベースとしたカスタマイズの楽しさについてのトークが行われる。

(webCG 田中)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/home.html

関連キーワード:
MPVロードスターアクセラスポーツマツダ東京オートサロン2006イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る