マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展【デトロイトショー06】

2005.12.16 自動車ニュース
【デトロイトショー2006】マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展

【デトロイトショー06】マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展

マツダは、2006年のデトロイトモーターショー(1月8日から22日まで開催)に、コンパクトスポーツクーペコンセプト「鏑(かぶら)/KABURA」と、新型クロスオーバーSUV「CX-7」を出品する。


【写真上】「鏑」
【写真下】「CX-7」

【デトロイトショー2006】マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展

「鏑」は、2005年のフランクフルト・東京両モーターショーにおいて、日欧のデザイン拠点がそれぞれ主導したコンセプトカー「颯爽(さっそう)」「先駆(せんく)」につづく、北米市場をターゲットに米国のデザインセンターが主導してデザインしたコンセプトカーだ。

鏑とは、戦いの開始を告げる音を放つ矢という意味の鏑矢(かぶらや)に由来。「戦いの最初の矢=鏑」は、先進的で、挑戦的なマツダスピリットを象徴しているという。

コンパクトなボディに、スポーツカーらしい走りの楽しさと実用性を両立させたコンパクトスポーツクーペを謳う。さまざまなユーティリティを備えつつ、後輪駆動とすることで走りの好きなエントリーユーザーにも訴求。マツダのZoom-Zoomをもっとも具現したコンセプトカーであるという。

いっぽう「CX-7」は、5人乗りの新型クロスオーバーSUV。「スポーツカースピリット」をコンセプトに、力強いスポーツカースタイリングとSUVの実用性をたくみに融合させたという。

エクステリアは、「RX-8」に代表されるような、マツダのスポーツカーモティーフを採用。力強く張り出したフロントフェンダーや伸びやかで流れるようなボディライン、専用の18インチの大径アルミホイールを採用するなど、スポーティなスタイリングでアピールする。加えて、インテリアもスポーティなイメージで統一し、細部にまでこだわったつくり込みにより高い質感を持たせたという。

エンジンは、最新の直噴技術によって高出力と低燃費を両立させたという直噴2.3リッター直4ガソリンターボエンジンを採用。244hp/5000rpmのパワーを発生する。

2006年春、北米市場に導入を予定。年始早々の1月に先んじて行われるロサンゼルスオートショーで初めて公開され、さらにデトロイトモーターショーに出品する。

マツダはほかに、水素とガソリンのデュアルフューエルに加え、ハイブリッドモーターを追加したコンセプトカー「Mazda5ハイドロジェンREハイブリッド」や、「トリビュート ハイブリッド」も出品する。

(webCG 田中)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/home.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る