マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展【デトロイトショー06】

2005.12.16 自動車ニュース
【デトロイトショー2006】マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展

【デトロイトショー06】マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展

マツダは、2006年のデトロイトモーターショー(1月8日から22日まで開催)に、コンパクトスポーツクーペコンセプト「鏑(かぶら)/KABURA」と、新型クロスオーバーSUV「CX-7」を出品する。


【写真上】「鏑」
【写真下】「CX-7」

【デトロイトショー2006】マツダ、北米向けコンパクトスポーツクーペ「鏑」など出展

「鏑」は、2005年のフランクフルト・東京両モーターショーにおいて、日欧のデザイン拠点がそれぞれ主導したコンセプトカー「颯爽(さっそう)」「先駆(せんく)」につづく、北米市場をターゲットに米国のデザインセンターが主導してデザインしたコンセプトカーだ。

鏑とは、戦いの開始を告げる音を放つ矢という意味の鏑矢(かぶらや)に由来。「戦いの最初の矢=鏑」は、先進的で、挑戦的なマツダスピリットを象徴しているという。

コンパクトなボディに、スポーツカーらしい走りの楽しさと実用性を両立させたコンパクトスポーツクーペを謳う。さまざまなユーティリティを備えつつ、後輪駆動とすることで走りの好きなエントリーユーザーにも訴求。マツダのZoom-Zoomをもっとも具現したコンセプトカーであるという。

いっぽう「CX-7」は、5人乗りの新型クロスオーバーSUV。「スポーツカースピリット」をコンセプトに、力強いスポーツカースタイリングとSUVの実用性をたくみに融合させたという。

エクステリアは、「RX-8」に代表されるような、マツダのスポーツカーモティーフを採用。力強く張り出したフロントフェンダーや伸びやかで流れるようなボディライン、専用の18インチの大径アルミホイールを採用するなど、スポーティなスタイリングでアピールする。加えて、インテリアもスポーティなイメージで統一し、細部にまでこだわったつくり込みにより高い質感を持たせたという。

エンジンは、最新の直噴技術によって高出力と低燃費を両立させたという直噴2.3リッター直4ガソリンターボエンジンを採用。244hp/5000rpmのパワーを発生する。

2006年春、北米市場に導入を予定。年始早々の1月に先んじて行われるロサンゼルスオートショーで初めて公開され、さらにデトロイトモーターショーに出品する。

マツダはほかに、水素とガソリンのデュアルフューエルに加え、ハイブリッドモーターを追加したコンセプトカー「Mazda5ハイドロジェンREハイブリッド」や、「トリビュート ハイブリッド」も出品する。

(webCG 田中)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/home.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る