【スペック】全長×全幅×全高=4455×1735×1550mm/ホイールベース=2525mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボインタークーラー付き(220ps/5500rpm、31.5kgm/3500rpm)/価格=262万5000円(テスト車=300万3000円)

スバル・フォレスター クロススポーツ2.0T(4WD/4AT)【試乗記】

魅力を高めたオールラウンダー 2005.12.15 試乗記 スバル・フォレスター クロススポーツ2.0T(4WD/4AT)……300万3000円スバルのSUV「フォレスター」にスポーティな装備をプラスした「クロススポーツ」。欲張りなユーザーの希望をかなえる都市型SUVに試乗した。

欲張りなクルマ

「フォレスター クロススポーツ」のカタログを見て、なんと欲張りなクルマなのか、と思った。欲張りな顧客の希望を、努力家で気前のよいエンジンニアがすべてかなえてしまったかのようではないかとテスターの目に映った。どこが欲張りなのかといえば、フルタイム四輪駆動、ターボ付き2リッターDOHC16バルブの220psエンジン。そしてタフなオフロード4WDを都会的にアレンジしたかのようなボディながら、タワーパーキングにも入ることのできる1550mmの全高……、といった具合だ。
6月末にクロススポーツ2.0Tがさらに進化したというので、ドライブに連れ出した。

定評のある220psと31.5kgmを発生するターボ付き2リッターエンジンは、既に語り尽くされた感があるので、多くを語る必要がないと思う。スロットルペダルを踏み込むと、モリモリとパワーが高まり、ボクシーなワゴンと思えぬほどの身軽さで、胸の空く加速を味わうことができる。もっとも、個人的にはこれほどの大きなパワーを持たなくともいいと思っているので、昨今の省エネルギーを考慮し、ノンターボ版の「2.0i」のほうをセレクトしたい。

スバルのワゴンを買おうという人にとっては、ラインナップ中に選択肢はいくつかある。その中でクロスカントリービークルを求める人にとっては、ボクシーでタフな印象を得る「フォレスター クロススポーツ」と、都会的な雰囲気を備えるスタイリッシュな「レガシィ アウトバック」のどちらを選ぶかは迷いどころだろう。

良好な視界の持ち主

普段の足としてツーリングワゴン3.0Rを使っている筆者は、レガシィのワゴンらしからぬ低い着座位置には日頃から少なからず違和感を覚えていた。確かにワインディングロードを走るときには、その低く固められたサスペンションと、着座姿勢の恩恵を受けるが、市街地で使うには決して適しているとは思わなかったのだ。

その3.0Rから乗り換えたフォレスターでは、視界の良さと周囲の見切りのよさが印象に残った。着座姿勢は自然で乗り降りが楽だし、広い視界は混雑した市街地で使うには便利だ。
本来、ラフロードが専門のオフローダーを市街地で使う利点のひとつが、この見晴らしのよさだった。その利点を活かしながら、都市生活者にとって不可欠なタワーパーキングに駐車できるというフォレスターの存在は実に魅力的だ。さらにこのクロススポーツは、高い姿勢ながらハイウェイでのクルーズを考慮したサスペンションセッティングが施されている。スポーティな3.0Rから乗り換えても、ボディの動きにまったく不安を感じることはなかった。

フォレスターの北米市場での販売は好調だと聞く。自動車について厳しい目を持ったアメリカのユーザーにとっては、こうした万能選手ぶりが購買意欲に繋がるのだろう。顧客の欲張りなニーズが、オールラウンダーの魅力をさらに高めたという好例ではなかろうか。ワゴンユーザーにとっては、無視できぬ1台だ。

(文=SUPER CG伊東和彦/写真=峰昌宏/2005年12月)



スバル・フォレスター クロススポーツ2.0T(4WD/4AT)【試乗記】の画像
【テスト車のオプション装備】
FORESTERビルトインHDDナビゲーションシステム/HIDロービームランプ/VDC/運転席8ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング)/クリアビューパック/頭部保護機能付SRSサイドエアバッグ(運転席&助手席)/セットオプション=37万8000円)

【テスト車のオプション装備】FORESTERビルトインHDDナビゲーションシステム/HIDロービームランプ/VDC/運転席8ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング)/クリアビューパック/頭部保護機能付SRSサイドエアバッグ(運転席&助手席)/セットオプション=37万8000円)


スバル・フォレスター クロススポーツ2.0T(4WD/4AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る