スズキ、アウトドア向け「エスクード」特別仕様車を発売

2005.12.15 自動車ニュース

スズキ、アウトドア向け「エスクード」特別仕様車を発売

スズキは、SUV「エスクード」に特別仕様車「フィールドトレック」を設定、2005年12月14日に発売した。2006年3月までの期間限定販売となる。

エスクード・フィールドトレックは、アウトドア向けの装備を盛り込んだ特別仕様車だ。

チルトアップ機構付き電動サンルーフや、キャリアなどを装着する際に用いるルーフレールを装備。また、専用デザインのアルミホイールを採用するとともに、スペアタイヤハウジングに専用デカールを配した。ボディカラーは、専用色の青(パールメタリックカシミールブルー)を含む全5色となる。

インテリアでは、撥水加工を施したシート表皮や、泥や砂によるフロア汚れを防ぐというフロントトレーマット(リアはジュータンタイプのフロアマット)を装備。荷室には、トレータイプのリアラゲッジマットを採用し、濡れた荷物の積載も可能という。さらに、収納スペースとしてバックドアポーチやシートアンダートレー(助手席のみ)を設置。ラゲッジルーム&リアゲートネットも備わる。

エンジンは2リッターDOHC、トランスミッションは4段オートマチックを搭載。価格は、同じ機関の上級グレード「XG」比でプラス8万4000円の228万9000円。

(webCG 田中)

スズキ「エスクード」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/

スズキ、アウトドア向け「エスクード」特別仕様車を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る