傷つけてみたい!?「日産エクストレイル」に特別仕様車「スクラッチガードコート・エディション」

2005.12.14 自動車ニュース

傷つけてみたい!?「日産エクストレイル」に特別仕様車「スクラッチガードコート・エディション」

日産自動車は、SUV「エクストレイル」を一部改良するとともに、軽度のキズならもとに戻るという触れ込みのクリア塗装を施した特別仕様車「スクラッチガードコート・エディション」を設定、2005年12月14日に発売した。

前席シートバックに収納スペースを追加するなど、装備を若干アップグレードしたのが改良の内容だ。

既報のクリア塗装を纏うスクラッチガードコート・エディション。ベース車「Stt」(2リッター150ps)の5万2500円高、235万2000円というプライスタグを付ける。

2006年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合すべく、全車ヘッドランプレベライザー、ハイマウントストップランプを標準装備したエクストレイル。価格は、201万6000円から302万4000円まで。

なお、オーテックジャパンによる「ライダー」「アクシス」にも同様の変更がなされ、専用アルミペダルなどが新採用された。

(webCG 有吉)

日産自動車「エクストレイル」:
http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/top.html

傷つけてみたい!?「日産エクストレイル」に特別仕様車「スクラッチガードコート・エディション」の画像

注目の「スクラッチガードコート」は「エクストレイル」特別仕様車で初採用。
最表面のクリアコート塗装部に、特殊な高弾性樹脂を配合。加えて高密度の網目状構造とすることで、柔軟性と強靭さを備えた、耐久性の高い塗膜を実現しているという。
塗装表面にキズがつきにくくなるばかりか、ある程度の擦りキズなら時間の経過とともに塗装表面が復元するとか。

注目の「スクラッチガードコート」は「エクストレイル」特別仕様車で初採用。最表面のクリアコート塗装部に、特殊な高弾性樹脂を配合。加えて高密度の網目状構造とすることで、柔軟性と強靭さを備えた、耐久性の高い塗膜を実現しているという。塗装表面にキズがつきにくくなるばかりか、ある程度の擦りキズなら時間の経過とともに塗装表面が復元するとか。

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化 2017.9.1 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。今回の変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
ホームへ戻る