メルセデスの7人乗りSUV「GLクラス」初公開【デトロイトショー06】

2005.12.14 自動車ニュース
 
【デトロイトショー2006】メルセデスの7人乗りSUV「GLクラス」初公開

【デトロイトショー06】メルセデスの7人乗りSUV「GLクラス」初公開

メルセデス・ベンツは、2006年1月のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で、7人乗りの新型SUV「GLクラス」を世界初公開すると発表した。



 
【デトロイトショー2006】メルセデスの7人乗りSUV「GLクラス」初公開

「Mクラス」あるいは「Gクラス」といったSUVを揃えるメルセデス・ベンツに、3列シートを配した7人乗りGLクラスが加わる。ご想像のとおり、M同様にメインターゲットは北米市場。生産もMと同じく米アラバマ州の工場で行われ、かの地で2006年春にリリース、欧州には同年9月に上陸するという。

全長5088mm、全幅1920mm、全高1840mm、ホイールベース3075mmという堂々としたディメンション。Mと比べ20cmほど長い。



 
【デトロイトショー2006】メルセデスの7人乗りSUV「GLクラス」初公開

シートレイアウトは前2席、中3席、後2席。3列目は左右にわかれ、ボタンひと押しで折りたたむことができる。5人乗車でラゲッジスペースは1240リッター、最大2300リッターまで拡大するという。

エンジンラインナップはV8を中心に、ガソリンが2種類、「GL500」の5.5リッター388psと「GL450」の4.6リッター340ps。ディーゼルは306psの「GL420 CDI」と、224psのV6「GL320 CDI」の2種類となる。トランスミッションは7段AT「7G-トロニック」を組み合わせる。



 
【デトロイトショー2006】メルセデスの7人乗りSUV「GLクラス」初公開

全車「AIRMATICエアサスペンション」を装着。最低地上高を最大で307mmまでアップでき、600mmの浅瀬をわたる性能を持つという。
さらに、急坂でスピードを制御する「DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)」、トレーラー牽引時に安定性を高める「TSA(トレイラー・スタビリティ・アシスト)」など、オフローダーならではの機能も満載する。

なお、Gクラスは引きつづき販売されるという。

(webCG 有吉)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)【試乗記】 2012.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)
    ……1780万円

    そろそろ引退か? と思われながらリニューアルを繰り返してきたメルセデスの「Gクラス」。いかつい顔つきになった「G63 AMG」では、いよいよ544psのパワーを得るに至った。その底力は?
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/7AT)/メルセデスAMG G63(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.10.21 試乗記 「メルセデス・ベンツGクラス」にもダウンサイジングの波。マイナーチェンジを受けてエンジンを5.5リッターV8自然吸気から4リッターV8ツインターボに換装した「G500」などにドイツ・フランクフルト郊外で試乗した。
ホームへ戻る