「ホンダ・フィット」、ちょっとだけ変更

2005.12.13 自動車ニュース

「ホンダ・フィット」、ちょっとだけ変更

本田技研工業は、スモールカー「フィット」に小変更を施し、2005年12月9日に発売した。助手席が回転する福祉車両は、2006年1月6日にリリースする。

外装デザインの変更点は、フロントグリルと前後ランプなどにとどまるが、スポーティな「S」グレードでは、15インチアルミホイールとリアのディスクブレーキが標準装備になり、フロントディスクブレーキは14インチへと拡大された。
また、全グレードで「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得した。

ボディカラーは、特別仕様車「ウエルカムエディション」に採用されていた限定色「クリスタルアクア・メタリック」をはじめとする4つの新色を入れ替え、全12色のラインナップとした。

価格は、1.3リッターモデルが112万3500円(FF)から163万9050円(4WD)で、1.5リッターモデルが136万5000円から183万8550円。
そのうち、助手席が90度回転する福祉車両が、ノーマルに比べ9万300円から14万8050円高い価格で設定されている。

(webCG 関)

ホンダ・フィット:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/

「ホンダ・フィット」、ちょっとだけ変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る