ちょっと変わった「日産ラフェスタ」

2005.12.13 自動車ニュース

ちょっと変わった「日産ラフェスタ」

日産自動車は、ミニバン「ラフェスタ」を一部改良し、2005年12月7日に発売した。

内外装の小変更に加え、全車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定を取得。「平成22年度燃費基準+5%」とあわせ、よりメリットの高いグリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。

さらに、2006年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合させるべく、ハロゲンヘッドランプ装着車にヘッドランプレベライザー(マニュアル)を、キセノンヘッドランプ装着車にヘッドランプオートレベライザーをそれぞれ標準設定するなどした。グレード体系を見直し、価格は178.5万円から237.3万円まで。

なお、オーテックジャパンは、改良車種ベースの「ライダー」に、iPodアダプター付き専用HDDナビゲーションシステム、専用サウンドシステムをオプション設定。福祉車両の「ライフケアビークルシリーズ(LV)」については、そのベースモデルを変更した。

(webCG 有吉)

日産自動車「ラフェスタ」:
http://www2.nissan.co.jp/LAFESTA/B30/
0412/CONCEPT/main1.html

関連キーワード:
ラフェスタ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗記】 2004.12.20 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    スポーティな走りを訴求するライバルとは一線を画し、運転のしやすさ、明るい室内など、ピープルムーバーの本流に磨きをかけた「日産ラフェスタ」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、コンセプトどおりのクルマであることは評価するが……。


  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
ホームへ戻る