車内環境を改善するシート生地、三菱が「i(アイ)」に採用

2005.12.13 自動車ニュース

車内環境を改善するシート生地、三菱が「i(アイ)」に採用

三菱自動車は、より安全性の高い素材のみを使用した生地をセーレン(株)と共同開発、来春発売予定の新型軽「i(アイ)」に採用すると、2005年12月9日に発表した。

この生地は、日本車では初めて「エコテックス100」の認証を取得したというもの。この認証は、購入前に消費者に商品の安全性を確認してもらうための情報で、人体に影響をおよぼす化学物質(ホルマリン、重金属、発がん性、アレルギー誘発など)を評価する国際的な分析制度として、ヨーロッパを中心に普及しているという。

2006年早々デビューの「i(アイ)」では、車内環境の改善が特徴のひとつとされ、VOC(揮発性有機化合物)の低減が図られるなどしている。

(webCG 有吉)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

車内環境を改善するシート生地、三菱が「i(アイ)」に採用の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る