【スペック】全長×全幅×全高=4520×1850×1290mm/ホイールベース=2685mm/車重=1670kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8 DOHC32バルブ(324ps/6400rpm、42.9kgm/4400rpm)/価格=1200.0万円(テスト車=同じ)(O)

キャデラックXLR(5AT)【試乗記】

SLで満足できない人に 2005.01.05 試乗記 キャデラックXLR(5AT) ……1200.0万円 「メルセデス・ベンツSL」に挑む、キャデラックのラクシャリーロードスター「XLR」。自動車ジャーナリストの島下泰久が、ジャーマンとアメリカンの違いを探る。
(O)
 
(O)
	  拡大
(H)
 
(H)
	  拡大
【撮影協力】
「ライディングクラブアルカディア」
〒412-0003 静岡県御殿場市柴怒田961

ヨーロピアンダイニング「ジャンヌのまなざし」

(O)
 
【撮影協力】
	「ライディングクラブアルカディア」
	〒412-0003 静岡県御殿場市柴怒田961
	
	ヨーロピアンダイニング「ジャンヌのまなざし」
	
	(O)
	  拡大

ブランド好きにもたまらない

エッジというエッジがシャープに切り立っている一方、面という面はどれもフラット。全長こそ長くはないが、幅は思いきりワイドで、そして思いきり低く平べったい。まさにキャデラックが推し進めている「アート&サイエンス」路線の極地と言えるフォルムをまとうのが、2シーターロードスター「XLR」である。そのエクステリアのインパクトは強烈そのもので、その点ではライバルと目される「メルセデス・ベンツSL」も、まるで敵ではない。

インテリアも、そんなイメージを反復したフューチャリスティックな雰囲気。アルミとユーカリウッドの組み合わせは、SLと比べて少し暖かみのある印象をもたらす。そして、眼前のメーターベゼルを見ると、「BVLGARI」のロゴが燦然と輝く。そう、XLRのインストゥルメントパネルは、宝飾メーカーとして名高いブルガリが仕立てを担当しているのである。こうした例は特別仕様車では時折存在するが、カタログモデルとしてはほとんど例が無いはず。よく見ると、リモコンキーにもロゴが刻まれている。なぜキャデラックとブルガリなのかはよく解らないが、ブランド好きにはこたえられないのではないだろうか。

とはいえ、純粋に質感という面で見ると、それこそSLにはまだ及ばない。スイッチ類の配置、素材の表面処理、パーツの合わせ目の精度といった諸々が、どれもあとちょっとという感じなのである。更に言うと、自慢のリトラクタブルルーフの振る舞いも、高級車らしさを削ぐ。トランクリッドがほぼ直立、見上げるような高さまで立ち上がり、メカっぽさ満点の骨組みを見せながらルーフをしまい込む様子は、まるで変身合体ロボか何かのよう。作動音もウィーンウィーンと大きく、閉じる時など頭上でガチャンッ! と大きな音がして、わかっていてもびっくりするし、ちょっとコワい。隣に何も知らない婦女子を乗せたら、きっと顔をひきつらせてしまうだろう。

(H)
 
(H)
	  拡大
(O)
 
(O)
	  拡大

極上の乗り心地

しかし走り出すと、そんなことすら些細なことと思えてしまうのも、また事実である。何より頬を緩ませるのは、その乗り心地の良さ。当たりはとてもソフトでユルく、いかにもアメ車的だなぁと思うのだが、それでも不思議と姿勢はフラットに保たれ、視線もブレることがない。そして、その印象は速度を上げていっても変わらず、それどころか、路面にぴたりと吸いついていくようにすら感じられる。

その秘密は、マグネティックライドコントロールと呼ばれる、磁気粘性流体を用いた電子制御ダンパーの採用だ。これが極上の乗り心地と、巧みな姿勢制御の両立を可能にしているのである。むろん、新型コーヴェットと共通となる最新鋭の後輪駆動プラットフォームに、そもそも高い実力が備わっているおかげでもあるだろう。

エンジンも実に気持ち良い。排気量4564ccのV型8気筒DOHCユニットは、最高出力324psを発生し、1670kgの車重に対しては余裕たっぷり。42.9kgmの最大トルクを4400rpmで発生する、比較的高回転型の設定だが、そもそも地力があるだけに低速域でも豊かなトルクを発生し、そこから6500rpmのリミットまで怒濤の勢いで吹け上がる。特にオープンにしている時にはサウンドも心地よく、アクセルを踏み込むのが楽しい。

(H)
 
(H)
	  拡大
(O)
 
(O)
	  拡大

おおらかな気分で

総じて、アメ車らしくゆったり流して気持ちよいキャラクターはしっかり踏まえつつも、独りの時にはちょっと鞭を入れてやろうという気になる。そしてそれを存分に楽しめる走りの素養を、XLRはしっかり備えているというわけである。

細部の煮詰めには不満な部分もあるが、それもアメ車らしさと思えば、まあ許せなくはない。というか、そういうおおらかな気分で乗るのが、きっと正しい接し方なのだろう。今や、特に夜の街にはあふれ過ぎてしまったSLでは、色々な意味で満足できないという人に、是非試してほしい。
ただし、もし本気で購入を考えるのであれば、そしてどんどんオープンで走りたいというのであれば、リトラクタブルルーフが自宅の車庫で、天井にぶつかることなく開閉できるかどうかだけは、あらかじめ確認しておいた方がいいだろう。

(文=島下泰久/写真=岡村昌宏(O)、洞澤佐智子(H)/2005年1月)

関連キーワード:
XLRキャデラックXLR試乗記

あなたにおすすめの記事