【スペック】全長×全幅×全高=4815×1920×1400mm/ホイールベース=2745mm/車重=2420kg/駆動方式=4WD/6リッターW12DOHC48バルブ(560ps/6100rpm、66.3kgm/1600rpm)/価格2145万円(テスト車=同じ)

ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【短評(後編)】

ツイードジャケットを着たターミネーター(後編) 2005.12.10 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)……2145万円560psを出力する、VW製「W12エンジン」エンジンを搭載した「コンチネンタルGT」。英国とドイツのタッグは、新たな高級車像を作ったのか。

“理想的”という言葉がふさわしい

続いてまわりにあるスイッチに触れていくと、あらゆるものが、絶妙な重さをもって、なめらかに動くことに感動する。ステアリングのチルトとテレスコピックから、オーディオのダイヤル、さらにはエアコンのルーバーまで。こういう手応えを与えることが一朝一夕にできないことぐらい、平民の自分だって知っている。コンチネンタルGTがそのへんのラクシャリーカーとは別の次元にいるのを知ったのは、このときだった。ステアリングやアクセルやブレーキのタッチも同じ。それどころか、エアサスペンションによる乗り心地までも、あらゆるショックを真綿にくるんで送り届けるような感触だ。でも、とらえどころがないのではない。あたりは柔らかいのに、中に太い芯を持っていることが伝わってくる。理想的、という言葉が思わず頭の中に浮かんだ。

ちなみにこのサスペンション、コクピットのスイッチで堅さや車高を変えることができるが、他車の同類のメカニズムのように、どのモードがもっとも快適、というレベルの代物ではない。すべてが快適で、その中で段階を選ぶことができる、というものだった。
高速道路に入ったところで、このクルマの能力をフルに発揮してみた。アクセルペダルを深く踏み込むと、猛獣の唸りのような息吹を響かせながら、猛然とダッシュを始める。6段ATのギアがどこにあろうと関係ない。6リッターW12ツインターボ、560ps/66.3?mの実力を思い知らされる瞬間だ。

角がない加速

首都高速のトンネルで内壁にこだました重低音のエキゾーストサウンドは、ミッレミリアに出走していた戦前のベントレーに通じるものがあったが、それ以外に英国的な情緒を想起させるものはなく、あるのはドイツの完璧主義だけ。ツイードのジャケットを脱ぎ捨てたら、中身はターミネーターだった、という感じだ。

しかし、その加速に角はない。高性能車を高性能車たらしめていた粗削りな演出は微塵もなく、洗練された空気を保ったまま、速度計の針だけが勢いよく振れていく。いままでのクルマの概念が通用しないようなクルマだ。

それはハンドリングについてもいえること。といっても山へ行ってゴリゴリ走ったわけではないが、さすが4WD、2.4トンのボディからあふれてしまいそうなパワーとトルクを、きちっと前進力に変えてくれる。自分レベルの腕の人間が公道上でがんばったところで、スタビリティコントロールの出番はほとんどない。切ったとおりに曲がっていくだけだ。

最強のタッグ

なにもかもが完璧。すばらしくよくできた機械。ペースを上げたときのコンチネンタルGTは、ドイツ車をほめたたえるときに用いる形容詞こそがふさわしい。しかしそのキャビンは、おごそかで控えめな英国趣味で統一されている。もしかしてこれは、ラクシャリーカーにおける最強のタッグなのではないだろうか、と思った。

W12+4WDのベントレーなんて、たしかにマニア受けは悪いかもしれない。でもこの種のクルマを買うのはマニアだけではない。いや、それ以外の人間が圧倒的だ。それにベントレーのマニアはそんなに多くはない。VWはそれをすべて熟知して、マニア的な考えをスッパリ切り捨ててコンチネンタルGTを作った。で、成功を手にした。

長い間、ロールス・ロイスのグリル違いに甘んじ、それゆえに「サイレントスポーツカー」などという妙な愛称で呼ばれていたブランドが、いまや高級車のスタンダードになろうとしている。ベントレーに限れば、改革は成功したのである。

(文=森口将之/写真=荒川正幸/2005年12月)

・ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017546.html

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る