プチプチプチトヨタ「パッソ」一部改良

2005.12.07 自動車ニュース

プチプチプチトヨタ「パッソ」一部改良

トヨタ自動車は、トヨタ最小「パッソ」を一部改良、特別仕様車とともに2005年12月5日に発売した。

ボディカラー「ブラックマイカメタリック」の設定グレード拡大、コラムメーターの視認性向上、キーフリーシステム電子カードの防水化などによる使用性の向上を図ると同時に、前席ヘッドレストのデザインを変更。ディスチャージヘッドランプにオートレベリング機能(ハロゲンヘッドランプはマニュアルレベリング機能)を付与するなどした。価格は、94.5万円から138.6万円まで。

特別仕様車「X“HID Limited”」(2WD=107.1万円、4WD=123.9万円)は、その名のとおりHIDヘッドランプを付けたモデルだが、こちらにも改良は活かされる。また福祉車両の「ウェルキャブ助手席リフトアップシート車」(123.0万円〜139.0万円)では新型ワイヤレスリモコンを標準装備した。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「パッソ」:
http://toyota.jp/passo/

関連キーワード:
パッソトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記