オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】

『スパイダーのごとく』 2000.08.30 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)1999年のジュネーブショーで披露され、話題を呼んだオペル版ロータス・エリーゼことスピードスター。市販開始に先立ち、モータージャーナリスト河村康彦が、フランスはストラスブルクでテストドライブ!


オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】の画像
(上)
スピードスターのディメンションは、全長×全幅×全高=3790(+55)×1708(+8)×1112(-88)mm。カッコ内はエリーゼと比較して。ホイールベースは、30mm長い2330mm。車重は120kg重い870kg。
(下)
MGFの1.8リッター「K型」ユニットを用いるエリーゼに対し、こちらはオペル自慢のECOTECエンジン。アストラクーペのパワートレインが流用される。147ps/5800rpmの最高出力、20.7kgm/4000rpmの最大トルクを発生する2.2リッター直4DOHC16バルブは、オールアルミ製。乾燥重量わずか138kgである。

(上)スピードスターのディメンションは、全長×全幅×全高=3790(+55)×1708(+8)×1112(-88)mm。カッコ内はエリーゼと比較して。ホイールベースは、30mm長い2330mm。車重は120kg重い870kg。(下)MGFの1.8リッター「K型」ユニットを用いるエリーゼに対し、こちらはオペル自慢のECOTECエンジン。アストラクーペのパワートレインが流用される。147ps/5800rpmの最高出力、20.7kgm/4000rpmの最大トルクを発生する2.2リッター直4DOHC16バルブは、オールアルミ製。乾燥重量わずか138kgである。

日本導入にあたっての難点

オペル社の自動車生産100周年記念という意味が込められた同社初のミドシップカーが、オペル・スピードスターだ。
年間計画生産台数3000台。うち、イギリスとドイツがそれぞれおよそ1000台ずつ。「残りをそれ以外の各国が奪い合うことになる」という。生産は、ロンドン北東約150km、「ヘゼル」にあるロータスの工場で行われる。そう、オペル・スピードスターは、英国のロータスエンジニアリング社との共同開発によるものなのだ。
アルミ製の基本骨格はロータス・エリーゼのそれと同一で、これにオペル製のランニングギア(エンジン+ミッション)と専用デザインの25枚のFRP製パネルを組み合わせたのがアウトライン、ということになる。
前後の「稲妻」エンブレムがなければとてもオペルの作品とは思えないほどアグレッシブなルックスのキャビンは、もちろん、思いきりタイト。アルミ製の骨組みの中に体をスッポリ捻じ込む、という感覚は、やはりエリーゼと同じ印象だ。それでも、オーディオやABS、ドライバーズ・エアバッグなどエリーゼにないアイテムが与えられたのは、スピードスターがオペル・ブランドを名乗るからだろう。ただし、たとえこうしたクルマであってもエアコンが付かないというのは、日本導入にあたっては事実上最大のネックと言わざるを得ないと思うが……。



オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】の画像
アルミ材むき出しのフロアに、薄く、スポーティなレザーシートが奢られる。黒、青、赤、そしてベージュが用意されるという。現地モデルに、エアコンは装備されない。

アルミ材むき出しのフロアに、薄く、スポーティなレザーシートが奢られる。黒、青、赤、そしてベージュが用意されるという。現地モデルに、エアコンは装備されない。

見た目には物足りないが……

アストラクーペから移植された2.2リッター「ECOTC」ユニットは、オペルユニットの例に漏れず低回転域トルクが太く、特に重くもないクラッチを介して、あっけないほど簡単にスタートが切れる。かと言って、回してつまらないエンジンというわけではないから誤解なきよう。3500rpmを越えたあたりから、さらに一段増しのパワーの伸びを感じることができるのだ。ただしピュアなスポーツカーとしては、いかにも実用車風のサウンドが何としても物足りない。
このクルマの走りの最大の特徴は、フットワークのよさ。地を這うように低いボディと、相対的に広いトレッド。そして絶対的に軽い重量のお陰で、スピードスターの車輪はまさにスパイダー(=蜘蛛)のごとく路面をつかんで放さない。175/55R17と、見た目には少々物足りない細いフロントタイヤだが、実はコレが優れた前後グリップバランスを生み出している秘密のひとつのようだ。ちなみに、リアは、225/45R17だ。
意外だったのは、乗り心地が覚悟をしていたよりも遥かにスムーズでこなれたものであったこと。このあたりにも「オペル」のスポーツカーとしての性格付けが与えられているのだろう。

(文=河村康彦)

関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • オペル・アストラカブリオ(4AT)【試乗記】 2002.4.4 試乗記 オペル・アストラカブリオ(4AT)
    ……339.0万円

    オペルとベルトーネの独伊合作オープン「アストラカブリオ」。電動ホロを備えた4座モデルに、webCGエグゼクティブディレクター大川悠が乗った。


  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】 2000.8.30 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)

    1999年のジュネーブショーで披露され、話題を呼んだオペル版ロータス・エリーゼことスピードスター。市販開始に先立ち、モータージャーナリスト河村康彦が、フランスはストラスブルクでテストドライブ!


  • オペル・アストラカブリオ(4AT)【試乗記】 2002.2.27 試乗記 オペル・アストラカブリオ(4AT)
    ……339.0万円

    2002年2月25日、千葉県は木更津にてオペルの4シーターオープン「アストラ カブリオ」の試乗会が開かれた。今回はいつもの短評とはちょっと毛色を変えて、頼りになる姉さん、自動車雑誌『NAVI』の竹井あきら編集部員と、webCG大澤俊博の対談形式でオペルのニューモデルをチェックします。


  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 JAIA輸入車試乗会2017 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る