【スペック】15RXエアロ:全長×全幅×全高=4440×1695×1505mm/ホイールベース=2600mm/車重=1220kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)/価格=169万2600円(テスト車=230万3700円)

日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】

走るより、使え! 2005.12.06 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)……230万3700円/250万3200円2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。

カッコかわいい

新型「ウイングロード」に興味を持った人は、ぜひともカタログを手に入れることをおすすめする。作りがオモシロイからだ。いわゆる両A面で、一方はロジカルに機能を語り、もう一方はビジュアルに楽しさを伝えている。ビジュアルサイドは上半分だけのページもある。パッケージングやユーティリティが凝っている、といったところ。で、それは実車にも当てはまる。

ウイングロードは日産がいうところのBプラットフォームを使う。「マーチ」でデビューしたこのプラットフォームも、ルノーを含めれば7作目。効率がいい。でもワゴンボディはウイングロードが初めてだ。
そのフォルムは、旧世代の人間が思い描くワゴンとはちょっと違う。横から見るとノーズが短く、キャビンは長くて背が高いミニバン風。フロントフェンダーやサイドウインドウのラインは湘南の海のように波打っていて、アクセントをつけている。スタイリッシュとかキュートとかより、“カッコかわいい”とかいうノリに近い。その意味では実に今っぽい。

遊び上手な人が作った

インパネはシンプルなラインにシルバーのアクセントを組み合わせて、クールな雰囲気。それでいて収納スペースはたくさんある。ドライビングポジションは高めで見はらし良好。ステアリングホイールは少し上向きで、パーキングブレーキはペダル式だ。ワゴンとミニバンの中間という感じ。いまの若い人は、こういう部分にはスポーティさを求めないのだろうか?

フロントシートはクッションの傾きがなくて、厚みもいまひとつ。ちょこんと座る感じが「ノート」に似ている。シートバックはハリもサポートもあるが、フルフラットを考えたためか、高さはほどほど。もう少しリラックスして座れるイスが欲しい、というのはオジサンゆえの感想なのかもしれない。
似たような座り心地のリアシートは、左右別々にリクライニングでき、一体でスライドもする。いちばん後ろにセットすると、ひざの前には約20センチものスペースが生まれる。もちろんシートバックは前に倒すことが可能。助手席も水平に畳める。しかもこれらが、ラゲッジスペースの壁にあるレバーで行える。いちいち前に回らなくてもフラットにできるのが便利だ。

ラゲッジスペースは、「エクストレイル」でおなじみのウォッシャブルボード仕上げ。ちょっと上げ底のフロアの下には、深い収納スペースがあるほか、手前を引き上げるとベンチが出現する。いい道具というのは、見ただけでそれを使いこなしているシーンが想像できるものだけれど、ウイングロードのラゲッジスペースは、まさにそれ。遊び上手な人が設計したのだろう。

ノリのよさで勝負

今回乗ったのは15RXエアロと18RXエアロ。ふたつのエンジンは、組み合わせられるCVTを含めて、「ノート」や「ティーダ」などでおなじみだ。無段変速機ならではのなめらかな加速感、人間の感性にあった自然な反応は、同じパワートレインを持つ他の日産車と同じで、とても心地よい。
18RXの余裕はたしかに魅力だけれど、15RXでもアクセルをちゃんと踏めば不満のないダッシュが手に入る。18RXのCVTはマニュアルモードがあるが、切り替えスイッチがインパネ右下にあるので選びにくいし、一度リバースに入れたりするとオートに戻ってしまうのは不便。シフトレバーで切り替えられるようにしてほしい。

サスペンションはエンジンにあわせてチューニングを変えてあり、ホイール径やタイヤの太さも違う。ロングホイールベースにソフトなスプリングとしっとり動くダンパーを組み合わせた15RXの乗り心地は、基本的にはフラットで、ゆったりした揺れをおりまぜた、ノートに近い感触。このクラスの日本車としては異例になごめる。ハンドリングも、鋭すぎない反応で向きを変えたあと、粘り腰でコーナーをクリアしていくあたり、通じる部分がある。

続けて18RXに試乗する。乗り心地は少し硬めになるけれど不快ではなく、身のこなしはグッとすばやくなり、ロールが抑えられるので、自然とペースが上がる。やがてフロントが外へふくらみ始めるけれど、そこでアクセルを離してもリアがズルッとはいかない。安定感と安心感をあわせ持っている。

18RXのほうがウイングロードのコンセプトにあっているとは思ったが、そうはいっても、峠通いをしたくなるようなクルマでないことはたしか。ガンガン走れることよりも、ガンガン使えることのほうがウイングロードのアピールポイントなのだから。デザインもカッコよさよりノリのよさで勝負、みたいなところがあるし。いまの若い人のクルマに対する想いと、そこからかかけ離れていく自分の想いとのギャップを、痛感した1台でもあった。

(文=森口将之/写真=荒川正幸/2005年12月)

【テスト車15RXエアロのオプション内容】
フロントバンパー組み込みフォグランプ=2万1000円/バイキセノンヘッドランプ+アクティブAFS=9万4500円/ルーフスポイラー+LED式ハイマウントストップランプ=3万6750円/カーウイングスナビゲーションシステム(DVD方式)+サイドブラインドモニター+バックビューモニター+ステアリングスイッチ=32万2350円/SRSカーテンエアバッグシステム=4万7250円/トノカバー+ラゲッジフック2個=1万5750円/インテリジェントキー+エンジンイモビライザー=5万7750円/プラズマクラスターイオンRフルオートエアコン=1万5750円)





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。



【スペック】
18RXエアロ:全長×全幅×全高=4440×1695×1505mm/ホイールベース=2600mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(128ps/5200rpm、17.9kgm/4800rpm)/価格=189万2100円(テスト車=250万3200円/フロントバンパー組み込みフォグランプ=2万1000円/バイキセノンヘッドランプ+アクティブAFS=9万4500円/ルーフスポイラー+LED式ハイマウントストップランプ=3万6750円/カーウイングスナビゲーションシステム(DVD方式)+サイドブラインドモニター+バックビューモニター+ステアリングスイッチ=32万2350円/SRSカーテンエアバッグシステム=4万7250円/トノカバー+ラゲッジフック2個=1万5750円/インテリジェントキー+エンジンイモビライザー=5万7750円/プラズマクラスターイオンRフルオートエアコン=1万5750円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウイングロードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産が「ウイングロード」の装備を強化 2016.6.1 自動車ニュース 日産が「ウイングロード」の仕様の一部を変更。全車にリアヒーターダクト、ヒーター付きドアミラー、スチール製リアワイパーを標準装備した。オーテックが手がけるカスタマイズモデルの「ライダー」や福祉車両についても同様の変更がなされている。
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る