メルセデスのMPV「ビアノ」に、内外を飾った特別仕様車

2005.12.06 自動車ニュース

メルセデスのMPV「ビアノ」に、内外を飾った特別仕様車

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツのマルチ・パーパス・ビークル「ビアノ」に、特別仕様車「3.2リミテッド」を設定、2005年12月5日に発売した。販売台数は250台限定。

ベースとなる「ビアノ3.2トレンド」に、プライバシーガラスやカーボン調のBピラーパネル、17インチ6スポークアルミホイールを与え、精悍かつスポーティさを演出した内容だ。

さらに車内に、専用ファブリックシート(前席シートヒーター付き)や、アルミニウム調パネルを採用したエアコン操作パネル部およびエアコン吹き出し口、ソナーの役割を果たす「パークトロニック」や、オプションとして人気が高いとされる6連奏CDオートチェンジャー、ETC車載器を採用した。

価格は、ベース車の18.9万円高、522.9万円。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ「ビアノ」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/passenger/car_lineup/viano/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな内外装の新グレード 2017.7.5 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年7月5日、乗用ワンボックス車「Vクラス」に新グレード「V220dスポーツ」を追加設定し、注文受け付けを開始した。「V220d」をベースに、スポーティーかつスタイリッシュな印象がより強調されている。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
  • トヨタが「ランドクルーザー」の装備を強化 2017.7.20 自動車ニュース トヨタが最上級SUV「ランドクルーザー」を一部改良。オート格納機能が追加された電動格納ドアミラーなどの装備を新採用したほか、トレーラーをけん引する際に用いるヒッチメンバーを全車にオプション設定した。
ホームへ戻る