スズキとフィアットの共同開発車「SX4」、2006年春にリリース

2005.12.06 自動車ニュース

スズキとフィアットの共同開発車「SX4」、2006年春にリリース

スズキは、伊フィアットとの共同開発車「SX4」の生産を、2005年12月よりハンガリーのマジャールスズキ社の工場にて開始すると発表した。マジャールスズキ社はスズキの世界戦略車「スイフト」の生産拠点でもある。

SX4は、2003年4月よりスズキとフィアットの間で共同開発が行われてきた次世代クロスオーバー車。「X-OVERREVOLUTION(クロスオーバーレヴォリューション)」を開発コンセプトとした、スポーティ&コンパクトのスイフトと、「エスクード」などのSUVをかけあわせたモデルという。

ちょっと街乗り「アーバンライン」とよりSUVライクな「アウトドアライン」の2バリエーションを用意。ヨンクは「3モード 4x4システム」で、走行環境にあわせて2WD/4WDオート/4WDロックの3つのモードから最適な駆動方式をスイッチひとつで選択できる。エンジンは1.5、1.6リッターのガソリンと1.9リッターディーゼルの3種類がある。

2006年3月のジュネーブショーで披露された後、2006年春より欧州で販売をスタート。マジャールスズキ社ではこのモデルの年間生産計画を6万台としており、内4万台がスズキの欧州仕様車として、スズキの欧州各国の販売網からリリースされるという。

(webCG 有吉)

スズキとフィアットの共同開発車「SX4」、2006年春にリリースの画像

関連キーワード:
SX4スズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」 2013.12.27 mobileCG
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記