スズキとフィアットの共同開発車「SX4」、2006年春にリリース

2005.12.06 自動車ニュース

スズキとフィアットの共同開発車「SX4」、2006年春にリリース

スズキは、伊フィアットとの共同開発車「SX4」の生産を、2005年12月よりハンガリーのマジャールスズキ社の工場にて開始すると発表した。マジャールスズキ社はスズキの世界戦略車「スイフト」の生産拠点でもある。

SX4は、2003年4月よりスズキとフィアットの間で共同開発が行われてきた次世代クロスオーバー車。「X-OVERREVOLUTION(クロスオーバーレヴォリューション)」を開発コンセプトとした、スポーティ&コンパクトのスイフトと、「エスクード」などのSUVをかけあわせたモデルという。

ちょっと街乗り「アーバンライン」とよりSUVライクな「アウトドアライン」の2バリエーションを用意。ヨンクは「3モード 4x4システム」で、走行環境にあわせて2WD/4WDオート/4WDロックの3つのモードから最適な駆動方式をスイッチひとつで選択できる。エンジンは1.5、1.6リッターのガソリンと1.9リッターディーゼルの3種類がある。

2006年3月のジュネーブショーで披露された後、2006年春より欧州で販売をスタート。マジャールスズキ社ではこのモデルの年間生産計画を6万台としており、内4万台がスズキの欧州仕様車として、スズキの欧州各国の販売網からリリースされるという。

(webCG 有吉)

スズキとフィアットの共同開発車「SX4」、2006年春にリリースの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る