「スバル・レガシィ」に、ブラック内装に包まれる特別仕様車

2005.12.06 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」に、ブラック内装に包まれる特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズの特別仕様車に、「ブラックインテリアセレクション」を新たに設定、2005年12月1日に発表した。


【写真上】レガシィ・ツーリングワゴン2.0i B-SPORTブラックインテリアセレクション
【写真下】レガシィ・ツーリングワゴン2.0i B-SPORTブラックインテリアセレクションの内装

「レガシィ・ツーリングワゴン2.0i B-SPORT」をベースにした「ツーリングワゴン2.0i B-SPORTブラックインテリアエディション」は2005年12月1日に発売。「アウトバック2.5i S-style」をベースとする「アウトバック2.5i S-styleブラックインテリアエディション」は12月12日にリリースとなる。

ブラックインテリアエディションは、その名の通り、黒で統一された内装が特徴。ピラー、ルーフ、リアゲートの各トリムとセンターパネルが黒くなり、ATセレクトレバーは黒い本革巻きに。さらに、車体後半のリアドア、リアクォーターおよびリアゲートのガラスはUVカット機能付き濃色ガラスになる。

機能面ではクルーズコントロールに加え、LEDリアフォグランプ、ヒーテッドドアミラー、フロントワイパーデアイサーをセットにした「クリアビューパック」を標準装備した。
ブラックインテリアセレクション専用のホイールが足元を飾る。

価格は、「ツーリングワゴン2.0i B-SPORTブラックインテリアエディション」がベースモデル比で8万9250円アップの243万750円。「アウトバック2.5i S-styleブラックインテリアエディション」は同7万8750円アップの280万8750円だ。

同時に、「ツーリングワゴン2.0GT」の装備を見直したリーズナブルな特別仕様車「ツーリングワゴン2.0GT-Limited」が、ビルシュタインダンパーやMOMO製本革ステアリングを備えつつ、ベースモデルより17万8500円安い291万9000円というプライスタグを付け、12月1日に発売された。

(webCG 関)


スバル・レガシィ:
http://www.subaru.co.jp/legacy/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る