王者の中の王者が決定!「レース・オブ・チャンピオンズ」、仏で開催(前編)

2005.12.06 自動車ニュース

王者の中の王者が決定!「レース・オブ・チャンピオンズ」、仏で開催(前編)

各レース界のトップドライバーが大集合して熱い戦いを繰り広げる「レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)」が、2005年12月3日にフランスで行われた。

■豪華ドライバー、スタジアムで競演

今年で18回目を迎えたROCの会場は、昨2004年同様、パリ北部のフランス・スタジアム。芝生の上に、全長1kmのコースを八の字型に建設した特設会場だ。アスファルト製だが、タイトなコーナーがつづくだけに、サーキットとラリーのちょうど中間といった特徴を持つ。

使用するマシンは、ホンダ・エンジンを搭載するバギー「ROCカー」をはじめ、「シトロエン・クサラWRC」「ポルシェ911GT3ロード・チャレンジ」「ルノー・メガーヌ・トロフィー」の4車種で、これを乗り換えて競技は進む。2台ずつ出走して2周するが、2台必ず同じ車種で戦われることになる。つまりライバルとはイコールコンディションだ。

気になるドライバーだが、F1最年少チャンピオンのフェルナンド・アロンソは残念ながら登場しなかったものの、現役のデイビッド・クルサード、今年2年連続でWRCタイトルを取ったセバスチャン・ロウブを筆頭に、2000、2002年のWRCチャンピオンであるマーカス・グロンホルム、フランソワ・デュバル、コリン・マクレー、そしてルマン24時間で7勝の記録保持者、トム・クリステンセンや、ドイツ・ツーリングカー・マスターズ(DTM)で活躍するジャン・アレジ、マティアス・エクストローム、インディとチャンプカーの各チャンピオン、ダン・ウェルドンとセバスチャン・ブーデら総勢20名が揃うという豪華ぶりだった。

■リラックス全開、でも……

観客へのサービス色が強いシーズンオフ中のイベントだけに、どのドライバーも笑顔を絶やさず、リラックス・ムード全開だ。
ところがレース自体は、ドライバーの腕だけで勝敗が決まるだけに誰もが“マジ”になってしまう。それがROCの醍醐味だ。

15時からはラリー・ドライバーとサーキット・ドライバー各1名が組んだ国別対抗戦となる「ROCネーションズ・カップ(NC)」。3回戦中、先に2勝した方がトーナメント式で勝ちあがっていく。

地元フランス勢のロウブ、アレジは、昨年のNC王者だけに期待も大きかったが、アレジの苦戦で1回戦目で退敗するという波乱が。

いっぽう、もう1つのフレンチ組「プレイ・ステーション・フランス」として出場した、パリダカ2連覇中のステファン・ペテランセルは、「僕は5年前までライダーだったし……」と、慣れないアスファルトのレースにハンディを抱えながら、チームメイトのブーデに助けられ決勝まで進出した。

NC決勝で対戦相手となったのはクリステンセン&エクストロームのスカンジナビア組。2002年と昨年のROCチャンプ、グロンホルムとヘイッキ・コバライネンという優勝候補だったフィンランド勢を破った勢いにのって、そのまま優勝した。
クリステンセンは、「ルマン24時間の後、再びフランスで地元フランス勢を倒して優勝できたことは嬉しいよ!」と、その喜びを全身で表現した。(後編につづく

(文と写真=野口友莉)

王者の中の王者が決定!「レース・オブ・チャンピオンズ」、仏で開催(前編)の画像

八の字型をしたアスファルト製の全長1kmのコース。

八の字型をしたアスファルト製の全長1kmのコース。

途中の立体交差で、インとアウトが変わる。

途中の立体交差で、インとアウトが変わる。

同じマシンで2台が、インとアウトからスタート&ゴールする。

同じマシンで2台が、インとアウトからスタート&ゴールする。

170psホンダ・ユニット+6段ギアボックス搭載のバギー「ROCカー」

170psホンダ・ユニット+6段ギアボックス搭載のバギー「ROCカー」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。