【スペック】ヴィータ スポーツ:全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1050kg/1.2リッター直4DOHC16バルブ(75ps/5600rpm、11.2kgm/4000rpm)/車両本体価格=169.0万円

オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】

まだ遊びたいファミリーパパに 2002.08.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

軽快な足まわり

最廉価版とはいえ、モデル名どおり、性格もスポーティ。75psのエコテック・エンジンに、5段MT改のクラッチペダルレス自動変速機“イージートロニック”を備える。
そのマニュマチックは、上々の出来。MCCスマートの“ソフティップ”や、ルノー・トゥインゴの“クイックシフト5”よりも変速マナーは洗練されており、アルファのセレスピードほど複雑でもなく、また、こわれそうでもない。完全自動変速のATモードでもさしたる不満はなく、シーケンシャルのMTモードでは、マニュアル車並みにシフトが楽しめる。ただし、その際に、ややセレクターの位置が遠目なのが難点か。

足まわりは軽快。軽めの操舵感も含めて、重厚なドイツ車というよりも、身軽なラテン車の雰囲気が持ち味。クルマから降りたあと、「いやあ、走ったなあ」という運転の実感が味わえるのもいい。そういう意味では、実にヨーロッパ車らしい好感のもてるコンパクトハッチである。
最廉価でも、そこそこオシャレなインテリア。スカットルが低くて前方視界にすぐれ、運転しやすいのはヴィータの美点。“Sport”と名のつくモデルなのに、5ドアボディでの輸入もありがたい。ウィークエンドにヨメさんからハンドルを取り上げてまだ遊びたい、若いファミリーパパにお薦め。

(下野康史/2002年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • 新型オペルアストラ「CD」、日本発売(7/3) 1998.7.3 自動車ニュース 株式会社ヤナセは新型「オペルアストラCD」を7月11日より発売すると発表した。従来とはかなりイメージが変わったハッチバックボディが特徴的だ。価格は230.0万円だ。エンジンは新開発の1795cc4気筒DOHC16バルブユニットが搭載される。最高出力は115ps/5400rpm、最大トルクは17.3kgm/3400rpmだ。ギアボックスは電子制御4段ATとなる。ボディサイズは全長×全幅×全高=4110×1710×1420mmで、ホイールベースは2615mm(従来型プラス100mm)だ。車両重量は1210kgである。ボディはねじれ剛性が従来型より1.8倍向上したとされている。12年間の錆穴保証もつけられる亜鉛メッキ鋼板を使用しているのも特徴だ。マクファーソン・ストラットのフロントサスペションはサブフレームを用いることで振動、騒音などの低減をはかったという。リアサスペンションはトレーリングアーム付トーションビームと形式こそ従来と同じだが、新型ではレイアウトを根本から見直して、性能を上げるとともに、トレーリングアーム、ホイールキャリア、ダンパーマウントという3つのユニット構成とすることで軽量化をはかっている。能動的安全性の面ではABSの性能を上げるとともに、トラクションコントロールが標準装備とされている。受動的安全性の面では、ボディの構造をアップデートしていることに加え、前席デュアルエアバッグ、シート一体型サイドエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルト、前面衝突時にブレーキペダルが室内に突出するのを防ぐフットプロテクションシステムなどが採用されている。今回は「アストラワゴンCD」も同時発売された。今回の新型アストラ発表の場でさかんに使われた表現がおもしろかった。「プレミアムコンパクト」。インポーターを務めるヤナセの稲山孝英代表取締役社長によると、サイズはコンパクトで機能、性能、品質をあげたモデルのことを指すのだそうだ。新型アストラはたしかに仕上げ、しっかり感、各部のデザイン処理などで従来型を大きくしのいでいる。「新型ゴルフはグッドだ。しかしアストラはベターだ」(オペルジャパン・インターナショナルテクニカルディベロップメントセンター・デピュティディレクター、ハーバート・シュルツ氏)と自信に満ちた発言もあるほどだ。もうひとつの特徴は、エモーショナルなスタイリング。ライバルのゴルフのパッケージングがこのクラスの基本になっているところがあるから、差別化をはかるといきおい感覚的な要素を少なからず取り込まざるをえないのかもしれない。しかしそうなると今度は流行商品におちいる危険性も出てくる。「新型アストラは日本車の“悪しき”影響をけっこう受けているなあ」という声も発表会会場で聞かれた。(WebCG=オガワ)
  • オペル・アストラワゴン LS(4AT)【ブリーフテスト】 2001.4.11 試乗記 ……233.0万円
    総合評価……★★★




  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る