【スペック】ヴィータ スポーツ:全長×全幅×全高=3815×1645×1440mm/ホイールベース=2490mm/車重=1050kg/1.2リッター直4DOHC16バルブ(75ps/5600rpm、11.2kgm/4000rpm)/車両本体価格=169.0万円

オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】

まだ遊びたいファミリーパパに 2002.08.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

軽快な足まわり

最廉価版とはいえ、モデル名どおり、性格もスポーティ。75psのエコテック・エンジンに、5段MT改のクラッチペダルレス自動変速機“イージートロニック”を備える。
そのマニュマチックは、上々の出来。MCCスマートの“ソフティップ”や、ルノー・トゥインゴの“クイックシフト5”よりも変速マナーは洗練されており、アルファのセレスピードほど複雑でもなく、また、こわれそうでもない。完全自動変速のATモードでもさしたる不満はなく、シーケンシャルのMTモードでは、マニュアル車並みにシフトが楽しめる。ただし、その際に、ややセレクターの位置が遠目なのが難点か。

足まわりは軽快。軽めの操舵感も含めて、重厚なドイツ車というよりも、身軽なラテン車の雰囲気が持ち味。クルマから降りたあと、「いやあ、走ったなあ」という運転の実感が味わえるのもいい。そういう意味では、実にヨーロッパ車らしい好感のもてるコンパクトハッチである。
最廉価でも、そこそこオシャレなインテリア。スカットルが低くて前方視界にすぐれ、運転しやすいのはヴィータの美点。“Sport”と名のつくモデルなのに、5ドアボディでの輸入もありがたい。ウィークエンドにヨメさんからハンドルを取り上げてまだ遊びたい、若いファミリーパパにお薦め。

(下野康史/2002年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】NEW 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
ホームへ戻る